ネットビジネスで稼げない人の特徴



ネットビジネスで稼げない人は、稼げるだけの作業量をしていないか、効率的な作業をしていないか、価値を提供していないかになります。

稼いでいる人と、稼げない人の差というのは作業量、効率、価値に差があります。どんな人でも自分なりには頑張っているのです。ですが、稼げていないという現状の原因は外にあるのではなく、取り組む人に原因があるのです。

 

稼げるようになるためには、作業、効率、価値の量と質を上げる努力をしない限り稼げるようにはならないです。ネットビジネスといえども、ビジネスには変わりがないので、自分なりに頑張っていても、稼ぐことはできないのです。

 

稼げる作業量をしているか?

すでに稼いでいる人を見ると、「1日数分の作業」で稼いでいる人がいるので、その人たちの真似をしてしまって、作業量が少ない人がいます。

 

例えば、ブログの記事を書くとき、すでに稼いでいる人が「1日1記事」というのはわかるのですが、まだ稼げていない人も「1日1記事」ということを真似をしてしまっているのです。

 

稼げるようになるためには、作業量を増やしていくことは必須です。他の人は1記事しか書かなかったとしても、2記事、3記事を書くのは当たり前なのです。作業量を増やしていくことで、文章のスキルも身についていくし、記事を増やしていくことで、お客さんに信頼されるようになり、稼げることにつながっていくのです。

 

最初は「質より量」なのです。量を増やしていくことで、質は向上していくのです。そして必ず1記事1記事に対して、精一杯の努力をしていくのです。

 

ブログを訪問して、ブログの記事数が多い人は努力をしているのが見えてくるし、記事が多いことで信頼されるサイトにもなっていきます。記事数が少ないブログはデザインが良かったとしても、表面だけで、中身がないサイトになってしまうので、稼ぐことにはつながりにくいのです。

 

稼げるようになるためには、稼げるようになる作業量が必要なのです。

 

生産性がある効率的な作業をしているか?

稼ぐというのは、生産するということでもあります。生産するためには効率も必要なのです。記事を書く時間も効率を上げながら、質を高めていくという両面が必要なのです。

 

早く記事を書くこととで、記事のクオリティーも上げていくことで、読者から信頼されるようになっていきます。

 

生産性というのは、効率のことをいいます。どんなビジネスであっても効率を上げる努力が必要なのです。最初は作業が遅いのは仕方がないことなのですが、いつまでも作業が遅いのは問題でもあります。

 

ネットビジネスでの効率、あなたが取り組んでいることの効率、ということをしっかり分析して、どのように効率とクオリティーを上がていく努力をしていくのかを、考えていくことも必要です。

 

稼げるようになるために、生産性、効率性を向上させる努力が必要なのです。

 

稼げないことの自己分析ができていない

稼げない人は、ノウハウや情報商材のせいにする特徴もあります。決して稼げない原因を自分に向けないのです。いくら質の高いノウハウや情報商材を購入しても、行動するのはあなたなのです。

 

行動は他の人がやってくれるのではなく、ノウハウや情報商材が勝手にやってくれるのではないのです。一見、当たり前のことなのですが、行動ができていない、あるいは行動量が少ないという自己分析ができていない人が多いのです。

 

稼ぐためには、行動が必要です。そしてその行動は、圧倒的な作業量と効率と品質が必要なのです。自己分析をするポイントは「作業量」「効率」「品質」です。いつもこのポイントを分析しながら、常に向上させる努力をすることが必要です。

 

稼ぐための自己分析ができることで、稼げない課題が明確になって努力ができるようになります。

 

稼ぐためには先に提供をする

稼ぐためには、先に価値を提供することは必須です。コンテンツを提供して、お客さんに価値を提供することで、信頼されていくのです。

 

ビジネスというのは、価値と価値の交換なのです。お客さんがお金という価値を提供するためには、お金以上の価値を提供しないと、ビジネスは成り立たないのです。とくにネットビジネスの場合は、リアルビジネスとは違って、ネット上での購入判断をするので、慎重にならざるを得ないのです。

 

なぜなら、誰でも騙されたくはないし、大事なお金の損をしたくないからです。購入しても損をしないということを信じることができれば、お客さんはお金を払うのです。わざわざ損をすることがわかっている商品やサービスを購入しようとする人はいないのです。

 

稼ぐために、先に価値を提供するのはビジネスの基本中の基本になっていきます。

 

お客さんはキーワードには引っかからない

マーケティング手法のために、検索エンジンに引っかかりやすい「キーワード」を用いてアクセスを上げようとする人がいますが、お客さんはキーワードには引っかからないのです。

 

いくらアクセスが上がったとしても、商品やサービスの購入には至らないので、稼ぐことはできないのです。問題はアクセス数ではなく、どれだけの価値を提供しているかだけなのです。

 

とくにインターネットを通して商品やサービスを購入しようとしする人は、あらゆるマーケティング手法を知っている人もいるので、簡単には騙されない人ばかりです。

 

キーワードでお客さんを引っかけようとすることは愚かなことです。たとえ一時的に引っかけることができたとしても、長続きしないので稼ぎ続けることができなくなり、ネットビジネスの業界にも居れなくなってしまうこともあります。

 

まとめ

ネットビジネスで稼げない人は「作業量」「効率」「品質」をチェックするようにしてください。稼ぐための3本柱と言っても過言ではありません。

 

そして稼げない原因を外のせいにしないで、稼げるための努力をすることに集中してください。自分以外のせいにする人は稼ぐことはできません。なぜなら行動や努力ができなくなるので、それ以上改善ができなくなるからです。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ