お金を稼ぐために何かを犠牲にできますか?



多くの人は「お金を稼ぎたい」とは言いますが、
お金を稼ぐためには、必ず何かを犠牲にしないと
稼ぐことはできません。

 

お金を稼いでいる人は、
表面上は多くのモノを得ているように見えるのですが、
稼いでいる背景には多くのことを犠牲にしているのです。

 

私たちには時間と空間の制限があるので、
その制限された中でお金を稼ぐのであれば、
何かを犠牲にしないと稼げないのです。

 

「二頭追うモノは一頭も得ず」というように、
両方を得ることはできないのです。
お金を稼ぎたいのであれば、
今までのことで諦めること、犠牲にすることが
必ず必要になっていきます。

 

何かを得たいのであれば、何かを手放す

多くの人は受け続けることができて、
足し続けることができると思い込んでいますが、
何かを得たいのであれば、
何かを手放す必要があります。

 

お金を稼ぎたいのであれば、
今までの習慣の中で生産性がないことは、
手放していかないと稼ぐことはできません。

 

たとえば、一時的な娯楽を楽しみながら、
お金を稼ぐことはできないのです。
今まで楽しんでいたことを手放して、
お金を稼げる行動をしないことには稼ぐことはできません。

 

最低限、何の生産性もないことは
手放していかないと稼げないのです。
生産性がない付き合いや、生産性がない情報を入れたりしていては
稼げないのです。

 

何の生産性もない無駄なことを手放していかないと、
何も得ることができないのです。
多くの人が稼げない原因は、
過去の習慣を手放すことができないからです。
その過去の習慣のほとんどが何の生産性もないことなのです。

 

何かを得たいのであれば、
何かを手放すという覚悟がなければ
お金を稼ぐことはできません。

 

時間、お金、労力の制限を知る

1日24時間というのは、
全ての人に平等に与えられています。
時間だけは増やすことはできないのです。
その時間の制限の中で、生産性がある行動をしないことには
稼げないのです。

 

1日24時間の制限の中でどれだけの時間、
稼げる行動をしているかで、結果が変わってくるのです。
無駄に時間を潰している人は、当然稼ぐことはできないのです。

 

時間の制限を実感している人は、
時間を無駄にすることはないのです。
時間を無駄にできないのです。
そして時間の貴重さを知っています。

 

稼いでいる人は、必ず時間の投資をしています。
稼げる行動をしていて、
時間を無駄にしない行動をしています。

 

お金にしても使える制限があるので、
生産性があることに使わないと、
ただの浪費ばかりになってしまいます。

 

労力にしても制限があるので、
行動ができるときに行動をしないと、
稼げる行動ができなくなってしまいます。

 

私たちには、時間、お金、労力の制限があるので、
その制限の中でどのような行動をするかによって、
稼げるか稼げないかが決まっていきます。

時間とお金と労力を有効に使うことができれば、
稼ぐことができるし、無駄なことに使えば
稼げないのは当然なのです。

 

行動をしないことには稼げない

お金を稼げる人は、稼げる行動をしています。
一見、当たり前のことなのですが、
稼げていない人は、稼げる行動をしていないのです。

 

どんなに稼げる知識を学んでも、
稼げる論理を知っていても、
実際に行動しないことには
稼ぐことはできないのです。

 

稼げる行動をするためには、
何の生産性もないことは諦めないといけません。
私たちができる行動というのは、
時間と空間の制限があるので、
ごく小さなことしかできないので、
その小さなことすらできなければ、
稼ぐことはできないのです。

 

小さな行動の積み重ねで、
稼げる確率を上げることができるのです。
小さな行動といっても、
精いっぱいの最善を尽くしていくということです。

 

その最善を尽くしていくためにも、
余計なことはやらないことが必要です。

 

言い訳をしても何も生産できない

多くの人が稼げないのは、
言い訳をして稼げる行動をしていないからです。
言い訳というのは、いくらでも思考することができるのですが、
どんなに立派な言い訳ができたとしても、
何も生み出すことはできません。

 

「仕事が忙しい」「家事が忙しい」「付き合いがある」
という言い訳をしても、何も生み出せないのです。

 

最低限、やるべきことはやらないといけないにしても、
無駄な付き合いはしないことです。
付き合いが悪くなって、他の人からどのように思われても関係ありません。
そのような犠牲がなければ、稼ぐことはできません。

 

最低でも稼ぐことができるまでは、
付き合う人を選別する必要があります。
行動の妨げになる人とは付き合わないことも必要なのです。

 

先延ばしにしない決断

稼ぐためには、「今できることは今やる」「今日できることは今日やる」
という決断が必要です。
毎日の歩みを歩み切って、明日以降のことは考えないで、
今の瞬間と今日一日だけを考えるようにしてください。

 

行動を先延ばしにすると、いつまでも先延ばしにしてしまい、
結局何もしないまま時間だけが過ぎてしまいます。

 

常に今の瞬間を大切にして、
最善を尽くすようにしてください。

 

まとめ

お金を稼ぐためには、お金を稼ぐことを優先にしないと
稼ぐことはできません。
稼ぐことだけにフォーカスをおいて、
稼ぐことだけに集中していくのです。

 

そのためには、余計なことや何の生産性もないことはやらないで、
今までの習慣を犠牲にしないと稼ぐことはできません。

何かを得たいのであれば、何かを犠牲にしないことには、
得ることはできないのです。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ