ネットビジネスで稼ぐには何をやればよいか



ネットビジネスで稼ぐためには、稼げることをやって、
稼げないことをやらないということです。

 

最も当たり前のことなのですが、
この当たり前のことができていない人が多いのです。

 

ビジネスというのは、稼ぐ確率を上げるか、
やった分しか稼げないという成果報酬のどちらかだけなのです。
ビジネスをやる人は時間では計算してはいけないのです。
どれだけの時間、働いたかではなく、
どれだけの時間、投資するのかを考えないといけないのです。

 

お金にならないことはやらない

お金にならないことはやらないということは、
お金にならない事には時間を使わないということです。
ネットビジネスで稼ぐと言っても、
稼げる確率を上げることを積み重ねていくだけなのです。

 

1円でも稼げる確率があれば、
その行動を積み重ねていくということです。
お金にならないことというのは、
1円にもならないことをいいます。

 

例えば、娯楽を楽しんだり、友達と飲みに行ったりしても、
時間とお金の浪費になり、1円も稼ぐことはできないのです。

 

稼げない人に共通している人は、
稼げないことをやっているということです。
稼げる行動をしていないので稼げないのです。
生産性があるか、ないかをしっかりと見極めていかないと
時間だけが過ぎてしまい、いつまで経っても稼ぐ行動ができないのです。

 

まずはお金にならない時間を削ることです。
何も生産する確率がないことを削ることで、
投資できる時間が確保できるので、
稼げる確率を上げることができます。

 

やらないことを決める

「やること」を決める前に、
「やらないこと」を決めてください。
やらないことを決めることで、
時間を確保することができます。

 

1日24時間というのは、稼いでいる人も、
稼げていない人も同じなのです。
環境には差があったとしても、
時間には差がないのです。
稼いでいる人というのは、
シンプルにやることとやらないことを
しっかり分けています。

 

そして「やること」に集中しているのです。
集中しているので、稼げる確率を上げることができるのです。
ネットビジネスと言っても色々な種類があるので、
色々なことに手を出しやすいのですが、
やることとやらないことを分けて集中がしないことには、
稼ぐことはできないのです。

 

集中していくためには、余計な情報は入れない、
余計なことはやらないということを決めて、
稼ぐことだけを考えられるように、
環境を整えていくことです。

 

「時間で稼ぐ」という観念を抜ける

ネットビジネスが続かない人は、
時間で稼ごうとするからです。
1時間作業をしても稼げないし、1日作業しても稼げないし、
場合によっては1ヶ月作業をしても稼げないこともあります。

 

稼げないことが続くと「割が合わない」となってしまい、
挫折してしまうのです。
あるいは1日作業をして100円、
1ヶ月作業をして500円というのもあり得ます。
時間を投資しても稼げないので、
途中でやめてしまう人もいるのです。

 

ビジネスは時間で稼ぐのではありません。
それはネットビジネスでも同じで、
時間で稼ごうとすると、
割が合わなくなるのは当然なのです。

 

稼ぐという考え方は、
1日1円でも稼いでいるということです。
1日0円と1日1円では大きな違いがあるということです。
ビジネスというのは、時間で稼ぐのではなく、
行動の投資で稼ぐということです。

 

「時間で稼ぐ」という観念を抜けることで、
ビジネスでの稼ぎ方が分かるようになります。

 

小さな金額で稼ぐことを積み重ねる

時給感覚の人は、小さな金額を馬鹿にするのですが、
ビジネスというのは、小さな金額の積み重ねなのです。
時給に換算したら割が合わないのですが、
小さな金額で稼ぐことを積み重ねていくと、
稼げるコツが分かるようになります。

 

時給で稼ごうとする人は、
稼ぐために時間を余分に使おうとします。
時給1000円の場合、2000円稼ぐためには、
2時間働くという考えなのです。
その場では稼いでいる気がするのですが、
時間を投資してもそれ以上は稼げないのです。

 

ビジネスの場合は、最初は時間にしたら割が合わないのですが、
小さな金額を積み重ねることで、
1時間に2倍、3倍稼げるようにもなるのです。

 

時間給では1日8時間で1万円しか稼げなかったとしても、
ネットビジネスでは1時間で1万円稼げる可能性もあるということです。

 

結果だけにフォーカスする

ネットビジネスで稼ぐためには、
結果だけにフォーカスしてください。
何時間作業したとか、何日作業したのかではなく、
結果が出たのか、出ていないのかにフォーカスしてください。

 

結果が出ていないのであれば、
結果を出すために何ができるのかを考えていきながら、
行動をしていくということです。

 

ある程度、稼げるようになっていくと、
必ず限界にぶつかるようになります。
その段階になった場合、次の段階を目指していかないと、
稼ぎ続けることができなくなります。

 

次の段階というのは人によって違うのですが、
スキルであったり、知識であったり、
仕組みであったりと改善していくべきものがあるということです。
伸び悩みという限界点にぶつかることで、
より良いものを生み出していくこともできるのです。

 

まとめ

ネットビジネスで稼ぐためには、
ビジネスの本質を理解する必要があります。
そして稼ぐことだけに集中することです。

 

稼ぐことをやる。稼ぐ確率があることをやる。
というのが基本中の基本になっていきます。

 

稼ぐために何をするのかは、
人それぞれで環境も状況も違うので、
「これだけ」というものはありませんが、
稼げる行動でだけに集中するようにしてください。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ