ネットビジネスで稼げない理由が分からない



稼げない人というのは、稼げない理由が分かっていません。

 

稼げない根本原因が分かっていないので、
稼げる方向に向かうことができないのです。
稼いでいる人と稼いでいない人の違いに気づいていないので、
稼げない理由が分からないのです。

 

時間という観点からみたら、1日24時間というのは、
稼いでいる人も稼いでいない人も、全く同じなのです。
時間以外の面では、不利、有利がありますが、
時間だけは平等に与えられているのです。

 

稼げない理由が分からないことには、
稼ぐ方向に向かうことはできないのです。
稼げない根本原因を明確にすることで、
稼ぐ方向に向かうことができるようになります。

 

稼げない根本原因に気づく

稼げない根本原因は、稼ぐ行動をしていないからです。
どんなに多くの知識を学んで、知っていることが増えても、
行動しないことには稼ぐことはできません。
セミナーに参加したり、本を読んで学んでいくと、
知識が増えていくのですが、いくら知識が増えても
その知識を活かす行動をしないことには、稼ぐことができないのです。

 

一見当たり前のことなのですが、稼げない人は「行動」ということが、
腑に落ちていないので、稼ぐ行動ができていないのです。
稼ぐ行動ができていないことにも、気づいていないのです。

 

「稼ぐ行動」とは何でしょうか?

 

稼ぐ行動というのは、「生産性がある行動」のことをいいます。
生産性がある行動というのは、
1円でも稼げる確率がある行動のことをいいます。
ビジネスというのは、1円稼ぐ可能性がある行動を
積み重ねていくことなのです。

 

稼げていない人は、
「生産性がある行動」ということが分かっていないのです。
1円稼げる可能性がある行動が分かっていないので、
稼ぐ行動ができていないのです。

 

稼げない根本原因に気づくことから、
稼げる行動ができるようになります。

 

稼げる人と稼げない人の違い

稼げる人と稼げない人の違いは何でしょうか?
1日24時間は平等に与えられているのに、
どうして差ができるのでしょうか?

 

稼いでいる人は行動量が違うのです。
圧倒的に行動量が違うので、稼げない人と差がつくのです。
稼いでいる人でも、上手くいかないことや失敗することがあります。
全ての行動が上手くいくとは限らないのです。

 

実際には、上手くいくことよりも、
上手くいかないことの方が多いのです。
表面的には全てが上手くいっているように見えるのですが、
その影では多くの失敗を繰り返しているのです。

 

ただ稼いでいる人は、行動量が圧倒的に多いので、
上手くいかないことが多くても、
行動によって稼げる確率を上げているので、
その確率が上がったときに結果を実らせることができるのです。

 

稼げていない人は、行動量が足りないのと、
行動の改善ができていないのです。
人は行動量を増やしていけば、行動の改善をしたくなるのです。
そして行動の効率も上がっていき、
行動の質が自然に上がっていくので、
稼げる確率が上がっていくという循環ができるようになるのです。

 

稼いでいる人と稼げない人の大きな違いは「行動量」なのです。

 

稼ぐことに未熟、成熟は一切関係がない

稼いでいる人は成熟していて、
稼いでいない人は未熟ということではありません。
そもそも未熟、成熟という基準は誰にも分らないのです。
どこまでが未熟で、どこからが成熟であるのかの線が
明確にあるのではないのです。

 

ここで言えるのは、未熟な人が行動することによって、
成熟するということです。
成熟するためには、具体的な行動をしないことには成熟できません。
未熟な人が行動して、成熟した目安が稼げたという
結果として現れるということです。

 

未熟、成熟ということを考える必要は全くありません。
人が常に未熟であるので、行動が必要なのです。
どんなに稼いでいる人でも成熟しているということではないし、
そもそも成熟の基準というのは誰にも分らないのです。

 

稼ぐことに未熟であるか、
成熟しているのかは一切関係がないのです。

 

稼げない人は何もしないで時間を無駄に浪費する

稼げない人は、何の行動もしないで無駄に時間を浪費しています。
できる、できないかを考えたり、やるか、やらないかを
考えてばかりいて、行動を始めないし、行動を続けないのです。

 

どんなことでも、最初から上手くできることはありません。
できる、できないを考える人は、できないという結論を出すしかないので、
何も始められないのです。
何も始められない人は、何も続けることができないので、
何も稼ぐことはできないのです。

 

できる、できない。
やる、やらない。
ということを考えている時間が無駄なのです。
稼ぐためには、行動するしかないのです。
そして行動を続けることでしか稼ぐことはできません。

 

行動を続けて稼ぐか、行動をしないで
敗北者になるかの違いだけなのです。

 

行動することによってしか稼ぐことはできない

どんなビジネスであっても、
行動することによってしか稼ぐことはできません。
一番無駄なのは、迷っている時間、悩んでいる時間、
愚痴や言い訳して、何もしない時間なのです。

 

時間というのは、休むことなく、
リアルビジネスに減っていきます。
自分ができないことばかりに目を向けていても
何の生産性もないので、できることに目を向けて、
行動ができる要素を探していきながら、
行動ができるように工夫をしてみてください。

 

まとめ

稼げない理由が分からない人は、
理由を明確にしてください。
結論は行動ができていないことなのですが、
行動ができていないことを認めていかないと、
稼ぐ方向に向かうことができません。

 

生産性がある行動ができていないので、
稼ぐことができないのです。
そして、行動を始めていないし、行動を続けていないので、
稼ぐことができないのです。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ