ビジネスを始めたくても自己資金が無い場合



ビジネスを始めようとするとき、
「自己資金」という壁がありますが、
この壁がある故に多くの人はビジネスを始めることができないのです。

 

ただ自己資金がないから、
何も始められないということはありません。

 

資金がなくても、ビジネスを始められる環境は整っています。
インターネットの環境があれば、資金を稼ぐことができるのです。

 

ビジネス感覚がある人は、
最初に自己資金がなくてもビジネスを始めることができます。

 

自己資金がないことでビジネス感覚が身につけられる

自己資金がないことに、嘆いてビジネスを始められない人が多いのですが、
自己資金がないことで、ビジネス感覚を身につけることができます。

 

どんなビジネスでも最初の0(ゼロ)1(イチ)が最も難しいのです。
最初の1円を稼ぐことが簡単ではないのです。
最初の1円を稼ぐことができれば、
ビジネス感覚を身につけることができるのです。

 

自己資金がないということは、0(ゼロ)の状態です。
その0(ゼロ)の状態から、1円を稼ぐことができれば、
稼ぎ方を身につけることができます。
最初の0(ゼロ)1(イチ)の感覚が身につけば、
どんなビジネスでも稼ぐことができるようになります。

 

自己資金がないことを嘆くのではなく、
自己資金がないことでビジネスを身をもって
理解することができるチャンスでもあるのです。

 

自己資金をつくる方法

インターネットの環境があれば、
自己資金をつくる方法はいくらでもあります。

 

全くゼロの状態でできることは、
「ネットオークション」「自己アフィリエイト」
「ポイントサイト」「アンケートサイト」「メールサイト」です。

 

ネットオークションは家にある不要品を売るということです。
家にある物なので、何の資金も必要ありません。
ただ物の写真を撮って、
オークションに出品して売れるのを待てばいいのです。

 

自己アフィリエイトは、
自分でサイトをつくって、
自分で申し込みすることで資金を稼ぐことができます。
ただ長くは続けられないので、
資金調達には限界があります。

 

ポイントサイト、アンケートサイト、メールサイトは
簡単にはできますが、単価が安いので、
複数のサイトを同時並行で続けてポイントを
稼いでいくことで、資金をつくることができます。

 

このように、自己資金をつくる方法は
いくらでもありますが、
問題は続けられるかということです。

 

毎日続けることができなければ、
資金を稼ぐことはできません。
たとえ単価が安いことであっても、
コツコツと続けていくことで、
稼ぐことができるのです。

 

どんなビジネスであっても、
やった分しか稼ぐことはできないのです。
ビジネス感覚というのは、
小さな行動でも続けることで、
稼ぐことができるという感覚なので、
小さなことをコツコツと続けることで、
ビジネスを理解することができるようになります。

 

自己資金の使い方

自己資金をつくる方法を実践することで、
最初の0(ゼロ)1(イチ)ができれば、
あとは応用なので、続けていくことで
10万円くらいは簡単に稼ぐことができます。

 

自己資金がない状態で、
稼ぐことができるビジネス感覚を
身につけることができているので、
ビジネスの基礎ができています。

 

ただその自己資金をどのように使うかなのですが、
ただ闇雲に使ってしまっては、
すぐに資金がなくなってしまいます。
何も資金をかけないで稼ぐことができたので、
資金がなくてもビジネスができるということがわかるのです。

 

自己資金がないことが問題で、
ビジネスができないということではないということです。

 

自己資金ができても、
できる限り資金を使わないでください。
資金をかけないでできることには
資金をかけないでください。

 

この感覚ができるようになれば、
何に資金をかけるべきなのかが
わかるようになります。

 

自己資金の使い方は「自分ではできないこと」か
「時間を短縮するため」に使うということです。

 

たとえば、凝ったホームページをつくることが
できないのであれば、外注に出してつくってもらうとか、
有料のブログを立ち上げるとかで、
自分ではできないことや集客の時間を短縮するために、
資金を投資することで余計な出費を防ぐことができます。

 

資金があっても、資金の使い方を間違ってしまうと、
ビジネスを成功させることはできません。
投資するべきことには、投資をしていくのですが、
無駄なことに投資をしてしまうと、
限りある資金を失ってしまうことになりかねません。

 

基本は投資に資金をかけるということです。
投資なので、リターンが得られる可能性があることです。
最初は資金をかけないで、できることをやっていけば、
資金をどこにかけるのがかわかるようになっていきます。

 

まとめ

自己資金がない状態から、
ビジネスを始めることができる人は、
ビジネス感覚を身につけることができるので、
稼ぎ方がわかるようになります。

 

何をどのようにしたら稼げるようになるのかが見えてくるので、
本格的にビジネスを始めるときにも、
応用ができるようになるので、
ビジネスの本質を理解することができます。

 

ビジネス感覚があれば、
どんなビジネスでも稼ぎ方がわかるようになっていきます。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ