時間の使い方が駄目な人ほど稼げない



1日の時間は「24時間」と決まっています。
この時間は増やすことも、減らすこともできないのです。

 

稼げる人と稼げない人に大きな差があるのは、
時間の使い方にあります。
稼げる人は稼げる時間の使い方をしているし、
稼げない人は稼げない時間の使い方をしています。

 

時間だけは全ての人に平等に与えられています。
他の人と差をつけることができるのは、
時間の使い方だけなのです。
時間の使い方をマスターすることができれば、
稼げる確率を上げることができます。

 

時間の有限を自覚する

「1日24時間」というのは、誰でも知っています。
ただ時間の有限さを自覚している人は少ないのです。
時間が無限にあると錯覚している人もいるのです。
なので先延ばしにしてしまう人が多いのです。

 

時間の有限を自覚できない人は、
無駄に時間を消耗させてしまいます。
何の生産性もないことに時間を使ってしまって、
何一つ実らせることができないのです。

 

中には「時間がない、時間がない」と言いながら、
娯楽を楽しんだりする人もいますが、
時間の有限を自覚したら、何の生産性もないことに
時間を無駄にすることはできません。

 

時間を無駄にする人は、
時間の貴重さを自覚していないのです。
無限にあると錯覚しているということです。
時間の有限さを自覚している人は、1分1秒が惜しいのです。
「暇つぶし」というのはあり得ないのです。

 

時間のどのように使っているのかを明確にする

仮に睡眠時間を8時間とします。
残りの16時間の中で、3食の食事で2時間とったとして、
14時間残っているということです。

 

会社勤めをしている人は、
8時間、9時間拘束されているので、
残りの時間が5時間ということになります。

 

この5時間の使い方次第で、
大きな差ができるのです。

 

この5時間を、

「お金を増やす事に消費している時間」
「お金を消耗させる為に消費する時間」
「今をキープする為に消費する時間」

に使っていくのですが、
「お金を増やす事に消費している時間」に惜しみなく投資することで、
大きな差がついていきます。

 

生産性がある時間の使い方ができるようになれば、
生きた時間の投資ができるようになっていきます。
時間をどのように使っているのかを明確にしていくことで、
浪費に使っているのか、投資に使っているのかを
自覚することができます。

 

確実性ではなく可能性で行動をする

投資ができる時間が5時間として、
確実に効率よく実りのみがある投資ができればいいのですが、
そのようなことはできません。

 

世の中に確実なことというのはないのです。
全てのことは「可能性」しかないのです。
確実性だけを求めていくと、何一つ行動することはできません。
「確実ではないので投資ができない」となると、
いつまでも行動ができないので稼ぐことはできないのです。

 

稼ぐための行動というのは、
稼ぐ確率を上げるための行動です。
これだけをやっていれば、
確実に稼げるというのはないのです。

 

行動は確実性で判断するのではなく、
可能性で判断するようにしてください。

 

稼ぐ人は仕掛けている人

稼ぐ人というのは、仕掛けられる側ではなく、
仕掛ける側に立っています。
目の前の小銭のために仕掛けられている人が多いのですが、
仕掛けられている人は大きく稼ぐことはできないのです。

 

仕掛ける立場というのは、
稼ぐ仕組みをつくる立場です。
稼ぐ仕組みというのは、情報発信をしながら、
商品やサービスを提供することができる仕組みのことをいいます。

 

ネットビジネスでいえば、
アフィリエイトで仕組みをつくることができれば、
情報発信をすることで稼ぐことにつながるということです。

 

稼ぐための時間と情報には惜しみなく投資する

稼ぐためには、
時間と稼ぐための情報には惜しみなく投資することです。
この投資ができない人が、
偶然、稼ぐことはあり得ません。

 

惜しみなく投資をすることができる人は、
稼げる確率を上げることができるのです。
確率を上げる行動の積み重ねによって、稼ぐことができるのです。

 

時間もお金も投資ができない人は、
稼げる可能性がないのです。
リスクとリターンというのは常につり合っています。
何のリスクも取らない人が、
リターンを得ることはできません。

 

稼げない人は、時間もお金も投資していないのです。
とくに行動時間の投資が甘いので、
稼げる確率を上げることができないのです。
稼ぐための投資をすることでしか、
稼ぐことができないというのは当たり前のことなのです。

 

まとめ

どんな人でも「1日24時間」という枠の中でしか、
行動するしかないのです。
時間がないのであれば、
工夫して時間をつくらないと時間はできません。

 

どんなに言い訳をしても、
時間だけは増やすことはできないので、
自分で確保するしかないのです。
時間の使い方をマスターすることができれば、
何が無駄で、何に投資するべきであるのかが
わかるようになっていきます。

 

時間の使い方は、人それぞれの環境や状況が違うので、
自分で工夫をしながら、自分で確保しないことには、
いくらでも流されていきます。

 

常に今の瞬間にできることを探していきながら、
時間の投資ができる人が稼げるようになっていくのです。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ