無駄な時間は、徹底的に排除するようにしてビジネスに取り組む



ビジネスに取り組む人には無駄にする時間はありません。
無駄な時間を排除していかないと、
ビジネスで成功することはできないのです。

 

ビジネスを成功させる方法は非常にシンプルで、
成功できる行動をしていけばいいのです。
具体的に言えば、生産性がある行動をしていけば、
稼ぐことができるのでビジネスは成功していくのです。

 

そのためには、無駄にしている時間はないのです。
常に時間の投資をしながら、
生産性を高めていく行動が必要だということです。

 

無駄な時間がなければ、時間を有効に使うことができるので、
生産性がある行動をすることができます。

 

無駄な時間をつくらない方法

時間というのは1日24時間と決まっています。
どんなに大金を積んでも、
時間だけは増やすことはできないのです。
時間を無駄にしてしまう人は、
時間の貴重さを知らないのです。

 

無駄な時間をつくらないためには、
今までの無駄な時間の使い方を把握することから
始めてみてください。
無駄な時間というのは生産性がない時間のことをいいます。

 

たとえば、「TVを観る」「ラジオを聞く」「新聞、雑誌を読む」という、
ビジネスとは関係ない情報を入れることです。
あるいはインターネットでも、
関係がない情報を入れることは時間の無駄なのです。

 

無駄な時間を過ごす人は、無駄な情報を入れすぎていて、
肝心な行動ができなくなっている場合が多いのです。

 

ほとんどの人の場合、無駄な情報を無意識に入れているので、
時間を有効に使えなくなってしまうのです。
人の意志というのは、情報に左右されます。
普段、触れている情報の影響によって
無駄な時間をつくりだしてしまうのです。

 

触れる情報の質を変えるだけでも、
無駄な時間のほとんどを排除することができます。
ビジネスに必要な知識や、生産性のある情報は必要なのですが、
無駄にダラダラ過ごしたり、娯楽のような情報を一切排除すれば、
無駄な時間を無くすことができます。

 

時間もお金も有限であることを知る

1日が24時間であることは誰でも知っています。
そしてお金も有限であることは知っています。
時間もお金も有限であることを知っていても、
無駄に過ごしたり、無駄に使ってしまうのです。

 

お金は稼ぐことができれば、増やすことはできますが、
時間だけは増やすことはできないし、人生という長いスパンで見たとき、
確実に消耗しているのです。
これは自然なことで当たり前のことなのですが、
しっかりと腑に落ちている人は少ないのです。

 

極論、自分があと何年生きれるのかは、
誰にもわからないのです。
そのような考え方を持たないと時間の貴重さと時間の有限さを
実感することができないのです。

 

時間というの唯一全ての人に平等に与えられています。
その時間をどのように過ごすのかは、
自己責任でもあります。

 

サラリーマンの場合は、時間を提供することで、
給料を貰っているのですが、
ビジネスをやる人は時間を提供しても給料は発生しません。
結果を出さないことには、
何も貰えないのがビジネスをやる人の立場です。

 

結果を出すためには、時間の投資が必要なのです。
行動して、行動して、行動することで結果を
出すことができるのです。

 

唯一平等に与えられている時間なので、
無駄にする時間がないのです。
なので、ビジネスをやる人は、
時間の有限さをしっかりと知るということです。

 

先延ばしにしない習慣を身につける

私たちの習慣の中で、最も厄介な習慣が
「先延ばしにする」という習慣です。

 

今できることを後に先延ばしたり、
今日できることを明日に先延ばしたり、
今週できることを翌週にしたり、
今月できることを翌月にしたりと、
切りがなく先延ばしにする習慣が身についています。

 

この習慣があると、いつまで経っても行動ができないので、
ビジネスを成功させることはできません。
先延ばしにするというのも、時間を無駄にしていることなのです。

 

今できることは今の瞬間にやらないと、
時間だけが過ぎてしまい、結局何もしないで
時間を無駄に消耗させてしまいます。

 

先延ばしにしない習慣は、
常に「今できることは何か」ということを思考することで、
今の瞬間を大切にすることができます。

 

まだ来ていない未来のことを考えないで、
今の瞬間瞬間に集中していけば、
先延ばしにしない習慣を身につけることができます。

 

今の瞬間に集中する方法

集中というと、
気合や根性で集中しようとする人が多いのですが、
集中するためには余計な情報を入れないで
脳に真空状態をつくることで、集中しやすくなっていきます。

 

ほとんどの人の脳は、余計な情報で
いっぱいいっぱい状態になっています。
なので、集中ができないのです。
集中ができないので、行動することが面倒になって、
先延ばしにするという悪い循環ができています。

 

何の情報も入れないような時間を確保して、
集中ができるようになれば、今の瞬間を見失くことなく、
今の瞬間に行動することができるようになります。

 

まとめ

無駄な時間を徹底的に排除していけば、
真空状態ができるので、ビジネスに集中して
取り組むことができます。

 

無駄な時間を排除していくことが習慣になっていけば、
時間を有効に使うことができるので、
ビジネスを成功させることができるようになります。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ