稼ぎ・収入を大きくする思考



稼げていないときは、必死に稼ぐことに夢中になれるのですが、
ある程度、稼げるようになると、現実に満足をしてしまって、
次の段階にいけなくなることがあります。

 

とくにこれ以上稼がなくても、何の支障もない状態になると、
自分の中で満足してしまい、力が抜けて稼ぎ続けることが
できなくなる場合があります。

 

人は一度妥協をし始めてしまうと、どこまでも妥協をしてしまうので、
今まで向上していた人が、妥協することで衰退することもあります。

 

収入を大きくしている思考がないと、
いくらでも妥協してしまい、
場合によっては稼ぐ前の状態に戻ることもあります。

 

ある程度、稼げるようになった場合、
さらに次の段階を目指していくことで、
収入を大きくすることができるようになります。

 

常に向上することを目指して行く

稼げるようになったとしても、
常に向上することを目指していかないと、
衰退していきます。
妥協をすればするほど衰退していくのです。

 

向上をしていくためには、
今までの目標の段階を変えていくことが必要です。
収入面での目標をさらに上げたり、
収入を上げることで貢献ができることを探すことで、
次の段階に進むことができます。

 

より高い目標を持つことで、向上することができるようになっていきます。
稼いでいないときよりも、稼いで次の段階にいくときの方が
メンタル面では大変なのです。

 

向上するためには「貢献する」という意識が必要で、
貢献するために稼ぐという意識があれば、
目標はいくらでも大きくすることができます。

 

人が向上するためには、必ず目標が必要です。
何の目標もない人は、目指す方向がわからないので、
向上しようがないのです。
常に向上するためには、簡単には達成できないような
目標を持つことで、向上することを目指していくことができます。

 

収入に関係なく常に投資する

理想論から言えば、ビジネスというのは
社会に貢献するためにやっているのです。
ビジネスをして収入を増やして、寄付で貢献する人もいますし、
ビジネスを拡大して雇用をつくることもできるのです。

 

貢献や拡大をするという観点から見たら、
収入はいくらでも大きくする必要性が見えてきます。
今の収入だけでは、足りないということに気づけば、
さらに収入を増やすための投資ができるようになります。

 

貢献することや、ビジネスの拡大というのは、
限界点がないのです。
どんなに貢献しても、大きな視野から見た場合、
ごく一部の貢献しかできないし、ビジネスの拡大も、
どんなに大きくしても限界がありません。

 

より大きな視野から見た場合、
いくら稼いでいても足りなさを感じるので、
収入を大きくする目標を立てることができます。

 

収入を成長の目安にする

人の成長というと、
メンタル面のことになっていくのですが、
成長した分だけ稼げるようになるということです。

 

さらなる向上を目指していくことができれば、
人は成長していくのです。
その成長は収入の金額として表れてきます。
収入が増えているというのは、
それだけ成長しているということです。

 

逆に収入が減っているというのは、
妥協しているということでもあるのです。
常に向上している人は、収入も上がっていきます。
なぜなら常に投資をしているからです。

 

成長というのは、限界まで投資をすることで
成長していきます。
常に限界まで挑戦をしながら、
投資をする人は成長することで、
収入が増えていくようになります。

 

いくら稼いでも満足しない

稼げていない時期がある人が、
ある程度、稼ぎ始めていくと満足をしてしまうのです。
満足をしてしまうと、妥協をしてしまうので、
必死になれない場合があります。

 

満足をしてしまう人は、
会計を他の人に任せて自分で直接数字を把握しないことです。
第三者の人に、お金の管理を任せて、
状況を間接的に聞くようになれば、
いくら稼いでいたとしても、収入を拡大できるような
思考になっていきます。
人は一度満足をしてしまうと、
いくらでも妥協するようになってしまうので、
満足をするということは危険でもあるのです。

 

いくら稼いでも満足しなければ、
いくらでも向上ができる行動をするようになります。

 

目標をお金の金額にしない

矛盾しているようなのですが、
収入を大きくするために、お金の目標を立てないということです。
お金を増やす目標を立てるのではなく、貢献するためにいくら必要で、
ビジネスを拡大するためにいくら必要なのかの目標を立てるのです。

 

とくに、ある程度、
稼いでいる人がお金の目標を立ててしまうと、
モチベーションが低くなることもあります。
なぜなら満足をしてしまっているからです。

 

モチベーションが上がる目標を立てることで、
収入を大きくする行動ができるようになっていきます。

 

まとめ

収入を大きくする思考ができる人は、
少ないのです。
常に向上させようとする行動ができない人の方が多いのです。

 

大きく稼ぐというと、
何となく罪悪感を感じてしまう人がいるのですが、
大きく稼ぐことで、できることが増えていくし、
貢献できることが増えていくのです。

 

小銭を稼いでいても、できることに制限があるので、
何の貢献もできないので、いくら稼いでも満足することなく、
収入を大きくしていきましょう。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ