ネットビジネス 現状



ネットビジネスの現状は、
数年前からほとんど変わってはいません。
圧倒的に変わったことは、情報が多すぎて、
何から始めていいのかで彷徨う人が
さらに増えたということです。

 

ネットビジネスの情報量は
把握しきれないほどありますが、
現状は変わっていないのです。

 

時代の流れからすると、
だんだんとネットビジネスの方向に
いかざるを得ない状況なのですが、
現状はほとんど変わっていないし、
厳しくもなっています。

 

・情報が飽和状態

今は1年間に発信される情報量が
2000年分以上の情報が発信されています。
ネットビジネスに関する情報も、
ブログ、SNS、YouTube等での発信量は、
もはや飽和状態になっています。

 

これからネットビジネスを始める人にとっては
、誰を信じ、どのような情報がいいのか、
何から始めたらいいのかが、
ほとんど見えない状況でもあります。

 

まずネットビジネスの現状は、
情報が飽和状態になっていることを
知っておいてください。

 

情報は飽和状態ではあるのですが、
情報を集めやすくはなっています。
検索をすれば瞬時に情報が得られるので、
情報と情報をつなげることもできます。

 

そして、無料の情報でもどんどん質が上がっているので、
情報に困ることはほとんどない今の時代でもあります。

 

・ライバルはいつも少ない

ネットビジネスの業界に携わっている人は、
インターネットを活用している人口からみたら、
ごく一部の人だけです。

 

インターネットというと、
世界中につながっているので、
ほとんど人が携わっていると思いがちですが、
実際に携わっている人は一部の人だけなのです。

 

ネットビジネスを始めようとして、
途中で諦めた人も多いので、
実際に続けられている人は本当に少ないのです。

 

これは数年前と変わっていません。
ライバルはいつも少ないので、
今から始めても十分可能性はあります。

 

ライバルが少ないということは、
それだけ市場があるということです。
その市場は世界中にあるということなので、
大きな可能性があるのです。

 

・稼いでいる人はごく一部

ただ現状は、ネットビジネスで稼いでいる人は、
わずか5%の人で、大きく見積もっても10%いくかいかないかです。
90%の人は続かないし、稼げていないのです。

 

この数字を見ると「そんなに厳しい業界なのか」と思う人もいますが、
厳しいというよりは、ネットビジネスを理解していない人が
多いだけなのです。

 

ビジネスの本質を理解していない人がほとんどなので、
稼げない人が多いのは当たり前なのです。

 

ビジネスの本質を学べて、
理解ができる業界がネットビジネスでもあります。
ごく一部の人が結果を出しているのには、
それなりの理由があるのです。

 

その稼いでいる人から、
ビジネスを学ぶことができる業界でもあります。

 

・ネットビジネスの可能性

ではネットビジネスは可能性はあるのでしょうか?

 

時代の流れから見ると、
可能性がないと困るのです。
なぜなら、仕事のスタイル、ビジネスのスタイルが
変わってきているからです。

 

以前の時代であれば、
パソコン一台で仕事をするというのは考えられなかったのですが、
だんだんと当たり前になってきています。

 

会社でやることも、
パソコンでの業務になっているので、
在宅でも仕事ができる時代になっています。

 

ネットビジネスはパソコン一台で
ビジネスをしていくので、
仕事としては同じなのです。

 

そして、インターネットは世界中に普及しているので、
国内だけに留まらない可能性もあります。

 

ネットビジネスの業界というのは、
国を越えた可能性があるビジネスでもあります。
ネットビジネスを理解している人には、
この可能性が見えているのです。

 

・ネットビジネスに取り組む人の現状

ネットビジネスが厳しいような印象があるのは、
ビジネスに取り組む人の現状が、
ビジネスを取り組める姿勢に
なっていないからなのです。

 

ネットビジネスの情報量も、
情報商材も無数にあります。
知識だけであれば、
とても学びきれないくらいの情報量なのですが、
何を学んでも取り組む人の姿勢がなっていないのです。

 

そして、情報商材も
「簡単にできる」「すぐに稼げる」というような
キャッチコピーが多いので、
学ぶだけの人が多くて、
実際に取り組む人は少ないのです。

 

まとめ

今はインターネットは当たり前の時代で、
ネットビジネスもだんだんと当たり前に
なっていきつつあります。
ただ現状は、ごく一部の人しかビジネスとして
成立させていないのです。

 

だんだんとリアルビジネスが厳しくなっていく中で、
ネットビジネスが主流になっていく
時代の流れではあるのですが、
現状はビジネスになっていない状況なのです。

 

このような現状ではありますが、
パソコンで仕事をするのは当たり前で、
インターネットでの取引も当たり前になっている今の時代は、
その延長線上でネットビジネスに取り組む人も増えてくる
可能性もあるということです。

 

ネットビジネスの現状は、
まだまだ厳しい状況ではありますが、
本当の意味でビジネスを理解する人が増えていけば、
大きな可能性がある業界でもあります。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ