疲れ目対策として有効!えんきん



ファンケルのえんきん

えんきんを実際に試した人の多くは、効果を実感しているようです。細かい字が見えやすくなった、目が乾燥する不調の改善、眼精疲労が原因と思われる目の奥の痛みなどに効果を発揮してます。また、疲れ目対策としても有効なようです。

 

・目の奥に痛みがある
・夕方になると細かい字が見えにくい
・目が乾燥しやすい
・疲れ目が気になる

などの症状があって、用法・容量を守って、継続して毎日飲める人におすすめのサプリメントです。

 

えんきんの効果

目を酷使しがちな現代人。

 

老いも若きもスマホやPC無くして生活が儘ならないのですから、しっかりとケアを行う必要があります。

そんな心当たりのある全ての人におススメしたいサプリメントがあります。

それが疲れた目のケアに必要な成分補給が可能な“えんきん”です。

 

サプリメーカーとしても知られるファンケルが満を持してリリースした“えんきん”は、現代人には欠かせないサプリメントであると注目を集めています。

 

えんきんの成分

ルティン

強力な抗酸化作用を持つ成分で、目の健康維持に役立ちます。水晶体と黄斑部に多く存在していて、パソコンやテレビから放出しているブルーライトや紫外線から目を保護する働きがあります。また、黄斑部は、加齢が原因で変性症を発症する部位ですが、ルティンには進行の抑制効果があります。

 

ポリフェノール成分のアントシアニン

アントシアニンには抗酸化作用があります。酸化物質は、体内にできる錆びのようなもので、加齢やストレス、生活習慣の乱れなどが原因で体内に増えすぎることがあります。酸化物質は増えすぎれば、細胞を劣化させるので、抗酸化作用のある成分の摂取が有効です。遠近には、ブルベーリーと黒豆由来の成分が配合されています。

 

赤い栄養素アスタキサンチン

赤い美容液とも呼ばれるアスタキサンチンには、高い抗酸化作用があります。甲殻類や鮭、いくらなどに多く含まれていて、食品から十分な量を摂取することは難しいので、サプリメントで確実に摂取すると、目の細胞の老化防止に効果があります。

 

頭を良くするDHA

DHAは頭を良くする成分として、アンチエイジングに不可欠の栄養素として知られています。鰯、鯖などの青魚に多く含まれていて、脳や網膜の神経を活性化にも効果があります。えんきんにも、しっかりと配合し、ピント調整機能の回復に効果を発揮します。

 

機能性表示食品

えんきんは、目の老化予防・改善に効果のある成分を配合しただけのサプリではありません。臨床試験を実施し、4週間摂取した後の、ピント調整力、首こり、肩こりの改善効果を確認しています。機能性表示食品は、臨床試験によって確認した化学的根拠を、消費者庁に届け出をしたものです。化学的に効果が実証されているので、安心して飲めます。

えんきん

 

臨床試験結果が語るその効果

服用一日二粒を4週間続けるとピント調整機能と眼精疲労起因の肩・首筋の状態が改善するとデータが語っています。

 

「えんきん」は、以前販売されていた「ルテイン&ブルーベリー えんきん」と比べると、「ホウレンソウに多く含まれる」というルテインが6ミリグラムから10ミリグラムへと増量されています。

 

4週間に亘る臨床実験において、ピント調節機能が回復した
機能性表示食品として認められている
目の疲れからくる肩や首の凝りに効く
※本品の「手元のピント調節」機能は臨床試験実施済みです。その他の機能(ぼやけの緩和/黄斑部の色素を増やす)は、研究レビューで届出しています。

 

これらの点が、「文字が見え辛いと感じるようになった」「目の疲れが著しい」と感じている人に効果的であると考えられます。

また、肩や首の凝りは、身体的な疲労だけが原因とは限りません。

 

実は、眼精疲労からダメージを受けている場合もあるのです。

その場合には、目のケアをせずして解決には至りません。

そこで、いま正に眼精疲労や肩及び首周りの凝りに悩んでいるならば、是非とも“えんきん”を試してみませんか?

ファンケルのえんきん



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ