青汁と言えば、ヘルスマネージ大麦若葉青汁



ヘルスマネージ大麦若葉青汁は、大手医薬事業会社大正製薬が販売する野菜不足の現代人に飲んでコレステロール抑制したり、血糖値を下げたりする効果のある青汁ドリンクです。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁には、「キトサン」タイプと「難消化性デキストリン」の2種類があり、「キトサン」はコレステロールが気になる方へ、「難消化性デキストリン」は血糖値が気になる方へ推奨している健康青汁飲料。

 

ヘルスマネージ大麦若葉青汁は、1袋当たりに3種の乳酸菌200億個に加え、大麦若葉を含んだ6種類の野菜の食物繊維を配合しているのが特徴です。

 

ヘルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>

 

3種の乳酸菌は、健康維持のために欠かせない善玉菌の代表格としても知られているフェーカリス菌をはじめ、ビフィズス菌やカゼイ菌です。

大正製薬の大麦若葉青汁の製品1袋当たりには、これら3種類の乳酸菌が計200億個配合されていることになります。

 

大正製薬の青汁はカラダに良い成分が豊富に含まれていることもあり、口コミでもたびたび話題にのぼることが多いです。
このように3種の乳酸菌がありますが、その中でも特筆すべきなのがフェーカリス菌で、これは濃縮された高密度濃縮乳酸菌「EC-12」を採用しています。

 

ヘルスマネージ大麦若葉青汁はトクホの商品

ヘルスマネージ大麦若葉は、トクホ(特定保健用食品)に指定された商品です。
特定保健用食品とは、身体の生理学的機能に効果をもたらす保険機能成分を含有した食品を指します。血中のコレステロールを正常に保つサポートをしたり、お腹の調子を整えたりといった特定の保健用途を満たす作用があることを表すための法定表示です。
この特定保健用食品の表示をするためには、製品ごとに商品の有効性や安全性について審査を通過し、国の許可を受ける必要があります。
このような健康への有効性と安全性の一定基準審査を通過したヘルスマネージ大麦若葉青汁は、成分の有効性が実証されている品質が確かなサプリメントと言えるでしょう。

 

大正製薬株式のヘルスマネージ大麦若葉青汁は、植物由来である複数の食物繊維が独自のバランスによって配合しているのが特徴です。食物繊維になった黄金バランスというものがあります。

 

私たち人間が摂取する時の食物繊維の黄金バランスというのは、不溶性と水溶性が2:1の割合であるのが理想と言われています。
最近の食の欧米化に伴い、私たち日本人の食生活は大きく変化してきています。
欧米化現象によって、以前より食物繊維の摂取量が大幅な不足しがちになっているのが現状と言えます。その中でも特に、水溶性食物繊維の不足が目立っているのです。

 

大正製薬の大麦若葉青汁は、大麦若葉の貴重な栄養成分を、そのままの形で丸ごと摂取できるのが嬉しい点と言えるでしょう。
大麦若葉青汁は、健康に欠かすことのできない大麦若葉がタップリ含まれているのです。
大麦若葉といえば青汁ではおなじみの野菜であり、他の野菜と比べ、栄養バランスが良いことで注目されています。

 

青汁に含まれている大麦若葉は、自然溢れた九州の地で生産されたもので、もちろん農薬など一切使用していませんので安心していただくことができます。農薬不使用によって育てられた大麦若葉が、ふんだんに含まれているというわけです。
ちなみに大麦若葉というのは、大麦の中でも若い葉の部分を指します。大麦がまだ穂をつける前の状態で、20~30cm程度になった新鮮な若葉です。

 

ヘルスマネージ大麦若葉青汁はコレステロールを制御?

ヘルスマネージ大麦若葉青汁「キトサン」はコレステロール値を低下させる効果があります。
その成分の正体は「キトサン」。キトサンには悪玉コレステロールを減少させる力があるのです。

キトサンとは、エビやカニの甲羅から抽出される食物繊維で、抽出物そのものは「キサン」と呼ばれ、その加工物を「キトサン」と呼んでいます。
キトサンは、健康に有効的な様々な効能があることをご存知でしょうか?

 

整腸効果
キトサンの成分は食物繊維。腸内に入ったキトサンは、腸内を刺激し蠕動運動を活発化させます。保水性のキトサンは、水分を吸収し膨張するため腸内の老廃物を取り込み便として一緒に排出する作用があります。

 

コレステロールの低下
キトサンは胆汁酸といって、コレステロールが体内で結合する物質を取り込む作用があります。そのため、胆汁酸に結合しているコレステロール自体を体外へ排出することが出来るのです。
またこの胆汁酸は消化管内で、脂肪を吸収する助けをする肥満の原因。胆汁酸が減少すれば、脂肪吸収も妨げられ、肥満を予防する作用もあります。

 

大麦若葉の生命力はとても強いことで知られており、それだけ多くの栄養が含まれています。
大麦若葉の成分としては、SOD酵素やカルシウムをはじめ、鉄分や亜鉛、カリウムやマグネシウム、銅といったミネラル類やβ-カロテン、ビタミンB1やビタミンCといったビタミン類、さらに、トリプトファンやアラニンといったアミノ酸や食物繊維など、多くの栄養成分がバランス良く含まれているのです。

 

このように大麦若葉には様々な栄養成分が含まれており、その中でもビタミン類が多いのが特徴でもあります。
青汁にはビタミン類を豊富に含まれていることから、ストレス軽減効果も期待できるとされているのです。
また、カルシウムや鉄分といったミネラル成分がたくさん含んでいることもあり、貧血やイライラなどの防止にも一役買ってくれます。

 

その他に、生活習慣病の防止や免疫力向上など、様々な効果が期待できるのが嬉しい点と言えます。
ちなみに大麦若葉は九州の阿蘇地方で生産されており、火山灰をたくさん含んだ阿蘇地方の土壌にある、有機物が豊富に取り込まれているのも特徴と言えます。

 

こうして栄養タップリの土壌で育った大麦若葉は、その高い栄養成分にも注目が集まっています。
青汁に含まれている大麦若葉(粉末)にはホウレンソウの約8.8倍の鉄分が、アスパラガスの約9.5倍のビタミンB2が、さらに小松菜の約6.5倍もの葉酸が含まれているのです。
これらは青汁1杯に含まれている栄素成分ではありませんが、青汁を継続使用することでより多くの成分をしっかり吸収できるようになります。

 

ヘルスマネージ大麦若葉青汁は血糖値を下げる?

ヘルスマネージ大麦若葉青汁にはもう1種類「難消化性デキストリン」配合の青汁ドリンクも販売されています。
「難消化性デキストリン」は、消化が難しいデキストリンという名前のついた物質は、トウモロコシのデンプンを焙炒して消化酵素を使って分解します。
その分解された物質から成分を取り出したものが「難消化性デキストリン」。
「難消化性デキストリン」には血糖値を下げるための5つの効果が認められています。
・糖の吸収スピードを抑制
・整腸作用
・脂肪吸収スピードの抑制
・内臓脂肪低下
・ミネラル吸収促進効果

 

ヘルスマネージ大麦若葉青汁<難消化性デキストリン>

 

大正製薬の大麦若葉青汁には様々な成分が含まれていますが、乳酸発酵させたエキスを配合されているのも特徴と言えます。
大麦若葉青汁には、乳酸発酵させたキャベツエキス含まれているのです。

 

キャベツ発酵エキスの中にはビタミンUなど、健康やその維持効果を期待できる栄養素が含まれています。
継続使用することで、健康的な身体を手に入れる近道になります。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ