日本の猫ちゃんに合ったモグニャンキャットフード



手作りご飯をコンセプトに、日本の猫ちゃんに合った栄養バランスと食いつきの良さで人気のモグニャンキャットフード。

モグニャンは88%の獣医師が勧めたいと回答した話題のキャットフード。そして試食会に参加した93%の飼い主さんがモグニャンを継続したい答えたそうです。

モグニャンはネコの種を問わず、子ネコから老ネコまでの幅広い年齢へ対応が売りです。今話題の穀物不使用のグレインフリーで、材料も厳選した人間も食べられるヒューマングレードの素材を使っていて、着色料・香料不使用のキャットフードです。

 

モグニャンキャットフード

 

モグニャンのメリット

材料がヒューマングレード・危険な合成添加物が無添加で安心
食いつきが驚くほどいい
毛ツヤや、排便など、健康面の改善に関する口コミが多い
粒が小さめで、子猫やシニア猫でも食べやすい

市販フードとモグニャンの値段の違いは、原材料の違いにあります。

市販されているキャットフードには、人間の食べ物としては流通せず廃棄すべきレベルの素材やかさ増し材料、合成添加物が大量に使用されています。

本来は捨てるべきものや栄養の含まれないかさ増し素材、販売する人間にとって便利な添加物から作られているキャットフードが安いのは当たり前ですよね。

対するモグニャンは、人間は食べられない質のお肉(4Dミート)やかさ増し用の穀物類、賞味期限を伸ばす保存料、食いつきをよくする香料などが一切使用されていません。

ヒューマングレードと言われる、人間が食べられるレベルの原材料をメインに作られており、グレインフリー、危険な合成添加物無添加のため、どうしても原価が高くなってしまいます。

更に、モグニャンは原材料そのものの質にもこだわっており、メイン材料には白身魚をたっぷり63%も使っています。

白身魚は、タンパク質が豊富なだけでなく低脂肪で消化吸収もしやすいためキャットフードに適したお肉だといえるでしょう。

一般的に市販されているキャットフードには、猫ちゃんの食いつきをよくするために香料や甘味料、塩などが多く添加されています。

対するモグニャンは人口香料や人工甘味料が無添加で、素材の香りや旨みのみでの食いつきの良さにこだわって作られています。

そのため、人工的に添加されている香りや味が全くない分、もともとあげていたキャットフードと比べて匂いや味が薄く感じる猫ちゃんも多いようです。

人間の食べ物も、無添加のものよりも添加物がたくさん入った食べ物の方が、強い匂いがして味も濃く感じますよね。猫ちゃんにとっても全く同じことなのです。

まずは無添加フードに慣れてもらって素材そのものの旨みを知ってもらうことが大事なので、しばらくモグニャンを出し続けて様子をみてみましょう。

また、人間同様猫ちゃんにもそれぞれの好き嫌いがあるので、他の猫ちゃんの食べないという口コミは正直あまり参考にできません。

自分の愛猫がモグニャンを食べてくれるか不安な場合も、実際に与えてみて食べるかどうか確かめるしかありません。

モグニャンキャットフードは、危険な合成添加物は一切無添加で、ヒューマングレードの原材料をメインに使用している、良質なキャットフード。

同じく高品質なイギリス産キャットフードとして有名なカナガンスタッフが、日本で暮らす猫ちゃんのために食いつきと健康を最大限に考えて作られたフードです。

 

 

モグニャンとは?

合成添加物無添加・グレインフリー・ヒューマングレード・高タンパク
日本のレティシアンとイギリスの専門家が、理想の食いつきを求めて共同開発
フレッシュ素材使用で手作り食のような美味しさ
子猫からシニアまですべての年齢ステージに対応
試食会で93.9%が継続したいと回答
獣医師などプロも認める品質
欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の基準を満たす工場で製造

 

モグニャンキャットフードの特徴

危険な人口添加物不使用の無添加
ヒューマングレードの原材料を使用
栄養たっぷり高タンパク
安心のグレインフリー
毛並みに良いオメガ3脂肪酸がたっぷり
猫に必要ない炭水化物を含む原料を抑えグレインフリー(穀物不使用)になっている
日本の猫の好みにあわせてイギリスの専門家と一緒に作られたキャットフード
着色料・香料・遺伝子組み換え原材料不使用
国際規格を取得したイギリスの工場で生産されている
子猫からシニア猫まで食べることができる
小粒タイプのキャットフード

 

 

成分

白身魚、サツマイモ、えんどう豆、サーモンオイル、ひよこ豆、レンズ豆、ヒマワリオイル、フィッシュスープ、ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(Ⅱ)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、ビール酵母、オリーブオイル、アマニ、アルファルファ、バナナ、りんご、クランベリー、かぼちゃ、セイヨウタンポポ

安全で質が高い白身魚の含まれる量が63%を誇っています。

モグニャンの主な原料は白身魚。

袋をあけたとたんに広がる魚の香ばしい香りは、猫を夢中にさせます。

猫は人よりもニオイに敏感なので、美味しそうな香りのキャットフードへの食いつきはバツグンです!

粒の固さの調整まで1つ1つ徹底的に吟味し、食材は猫にとっていらないものをできる限り省いたシンプル イズ ベスト!

白身魚を中心に食欲を阻害することが無く栄養面でのバランスをとった食材の配合で、猫にとって一番大事な「食べてくれること」を考えたレシピとなっています。

高たんぱくながら低脂肪な白身魚を63%も使用。
消化吸収率も良い食材なので、消化器官への負担が少ないのも嬉しいですね。

ヒスタミンの元となるヒスチジンがより少ない白身魚を使用し、たんぱく源を白身魚に限定することで食物アレルギーにも配慮しています。

肥満が気になる室内飼いの猫から子猫、老猫までさまざまな状態の猫に与えやすい食材と言えるでしょう。

また、「EPA、DHA、ビタミンD、ビタミンE」などの豊富な栄養が含まれているのも嬉しいポイントです。

穀物が入っていないかわりに、食物繊維が豊富で腹持ちの良いサツマイモを使用しているのもポイント。
活発でよく動きまわる猫でも空腹感を感じることが少ないでしょう。

同じく、食物繊維の豊富なリンゴ、カボチャも使用しており、毎日の健やかな腸内環境をサポートしてくれます。

キャットフードには油脂が使われていますので、空気に触れると酸化して栄養価や風味が落ちてしまいます。
こうした劣化を防ぐために、必ず酸化防止剤が使われています。

酸化防止剤には「人工」と「天然」のものがありますが、人工酸化防止剤は発がん性(※)などの危険性が指摘されています。
モグニャンはフード自体に保存料・酸化防止剤は含まれておりませんが、原材料の保存/酸化防止のためにビタミンEとローズマリーエキスを使用していますので、安心して与えられます。

 

 

成分表

粗たんぱく質 30%
脂質 16%
粗繊維 3.5%
粗灰分 8%
水分 7%
オメガ6 1%
オメガ3 2.1%

「健康に良いキャットフードは食べてくれない」
「食いつきのいいものは添加物だらけで心配」

そんなオーナー達の声に注目し、プレミアムフードの輸入代理店が作った新たなキャットフード、モグニャン。

「愛猫とオーナーに幸せになってほしい」という想いが詰まったモグニャンは、「食いつき」と「健康」のどちらも叶えるフードです。

 

モグニャンキャットフード

 

欧米ではペットフードに関する法律があるようですが、日本はまだ不十分らしく、安心&安全な原材料が使用されているか分からないようです。

モグニャンはペット先進国イギリスのカナガンのスタッフと作られたキャットフードで、安心・安全なキャットフードを提供しようとしている姿勢が感じられます。

猫は肉食だけど、お魚好きの猫ちゃんやお肉系キャットフードを食べない猫ちゃんにとっては、お魚系キャットフードで健康に気遣って作られたフードがあると助かります。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ