アンチエイジング効果がある新谷酵素



新谷酵素は活きた酵素がふんだんに入った酵素サプリで、年齢と共に失われがちなエネルギーや若々しさを補うことができます。
また、腸の調子を整える効果が期待できる乳酸菌も含まれているのも特徴的です。

 

このサプリメントは、予防医学の世界的権威である新谷弘実博士によって開発された確かな商品です。

 

新谷博士は著書である「病気にならない生き方」はベストセラーになるほどで、大変予防医学の分野で注目されている方なのです。

 

また、新谷博士が日米の膨大な患者を診察し、職歴や生活習慣を導き出したという「シンヤ ビオジマ」は世界に波及しています。

 

そんな新谷博士がこだわりを持って開発したのが「新谷酵素」です。

 

新谷酵素

 

米、麦、大豆の胚芽、黒大豆、麹小麦、パパイアなどの自然由来の酵素に加えて、健康に欠かせない植物性乳酸菌を配合しています。

 

活きた酵素が含まれていない製品が多い中で、新谷酵素は熱に弱い酵素を死活させないように、麹菌で低温発酵させるなど、製法にこだわっています。

 

そうすることで、活きた酵素をたっぷり1粒に凝縮させています。

 

新谷酵素で期待できる3つの効果

①健康維持効果
普段元気に生活する上でかかせないタンパク質の元となる酵素です。
その酵素が活きた状態で含まれているのが新谷酵素の特徴です。

その為、いつまでも元気な体の状態を維持する効果が期待できます。

 

②アンチエイジング効果
年齢を重ねるにつれて、疲れが溜まりやすくなったり見た目の若々しさがなくなったりします。
それは、エネルギーの元となるたんぱく質が低下しているからです。

新谷酵素に含まれる活きた酵素を摂ることで、アンチエイジング効果も期待できます。

 

③便秘解消効果
新谷酵素には、生きたまま腸に届く植物性乳酸菌が含まれています。
乳酸菌は、ヨーグルトに入っている有名な菌です。

新谷酵素は、腸の調子を整え体の内側からサポートする効果が期待できます。

 

新谷酵素の飲み方

①飲むタイミングより継続して飲むことが大事
新谷酵素は、薬ではなく健康補助食品なので飲むタイミングは特に決められていません。
強いて言うなら、食後に飲むのが良いです。

 

それより、毎日継続して飲むことが効果がより発揮するポイントになります。

 

②特に疲れている時は多めの飲んでもOK
新谷酵素の1日の摂取量は、4~12粒となっています。特に疲れを感じている人は、少し多めに摂取してもOKです。

 

ただし、12錠以上飲んでしまうと、乳酸菌の摂りすぎでお腹がゆるくなる可能性があるので注意してください。

 

③たばこやアルコールの後に飲んでもOK
付き合いやストレスなどで、どうしても生活が不摂生になっている人も多いでしょう。

 

特に、たばこやアルコールを飲んだ後は、生酵素入りの新谷酵素がおすすめです。

新谷酵素

主要成分には健康に良いとされている
パパイン酵素、米・大豆等の胚芽や小麦を麹菌で発酵させた麹菌培養エキス、さらに生きたまま腸まで届き、消化を助ける乳酸菌も配合されています。

 

天然成分を使用していますので、酵素を助ける「補酵素」であるビタミン・ミネラルもしっかり含まれてします。
これらの強力なサポートがあるからこそ、新谷酵素は健康に対して、しっかり機能します。

 

その上、熱に弱い酵素を死活させないように、低温発酵させるなどの工夫をしています。
各種酵素活性化テストで基準値以上となったモノだけを選別していますので、他の商品ではなかなか実現できない、活きた酵素を1粒に凝縮させるということができています。

 

一定した品質を保証する「GMP(適正製造規範)」を取得した国内工場にて、徹底した安全管理・品質管理のもとで作られているので安心です。

 

これだけ強力な酵素商品はなかなかありません。しかも、新谷酵素を1日4~12粒を目安に水などと一緒に摂取するだけなので簡単に摂取できます。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ