活性酸素対策にピッタリ、「ツカレナイン」



ツカレナイン(TSUKA09)は、運動に励んでいる方をサポートする効果が期待できるサプリです。

疲労回復やスタミナアップに関わる成分が色々含まれていますが、服用すると体が疲れづらくなる効果が期待できます。

ツカレナインはダイエット効率を高めてくれる効果もありますが、それがメインではありません。

ダイエットというより、運動に励む方をサポートしてくれる商品であり、マラソンで完走を目指している時などに服用されるサプリになります。

 

ツカレナイン
ツカレナインの特徴は、運動に関わる効果を発揮してくれる事です。

長距離を走り続けていれば、いずれスタミナが切れてしまうでしょう。

ツカレナインはそのスタミナを切れづらくしてくれる効果が期待できる上に、疲労感に関する効能も見込めるサプリなのです。

体が疲れづらくなるよう働きかけてくれるサプリであり、運動のパフォーマンスを高めてくれる効果も期待できるのです。

全体的に、スポーツに関する効果を発揮してくれるサプリになります。

スポーツだけでなく、ダイエットに関する効果も期待できます。

 

 

この製品には、ダイエットの効率を高めてくれる効果もあるからです。

また体の中でコルチゾールが作られるのを抑制してくれる働きがあり、ストレス軽減の効果も期待できるサプリになります。

パフォーマンス向上や素早い回復をサポートしてくれるスポーツサプリ「ツカレナイン(TSUKA09)」。

トップアスリートの愛用者も多く、一般の方にも非常に人気が高いですよね。

運動中に携帯できるし、水無しで摂取可能なのも人気の秘密ではないでしょうか?

それにアスリートの方が心配なドーピング検査もクリアしているので、安心して使えますからね。

 

 

疲れやスタミナ切れの原因は、活性酸素です。

激しい運動や、紫外線、大気汚染などによって、活性酸素が生まれ、体の様々な箇所を傷つけてしまうことが疲労の原因と言われています。

最近では、美容面でも「活性酸素が体のサビを作り、老化を早める」なんて話題になっていますよね。

運動面でも同じで、体(細胞)がサビると栄養や新鮮な酸素をうまく運んだり燃やせなくなり、エネルギーが活発に作れなくなってしまいます。

つまり、すぐにヘトヘトになってしまう状態ですね。

この活性酸素を撃退するには、抗酸化作用の強いポリフェノールが必須です!ただ、ポリフェノールは分子が大きくて体内に吸収されにくいので、サプリメントには向いていません…。

 

 

そこで登場するのがオリゴノールです。

オリゴノールとは「オリゴマー・ポリフェノール」の略で、ポリフェノールをさらに低分子化させたものです。

なので、従来のポリフェノールと比べると3~4倍も体に吸収されやすくなっています。

また、オリゴノールはオリンピックでの使用実績もあるため、まさにプロのアスリートも認める成分ということですね。

体のパフォーマンスを下げる厄介な存在、疲労。気軽に自転車を楽しむ層から真剣に結果を追い求めるレーサーまでのありとあらゆる方全てが、程度の違いこそあれ感じてしまう悩みです。

体調を整えなければ、緩いサイクリングも辛くなってしまうし、トレーニングの質も上がらないし、狙っていたレースで好成績を上げにくくなってしまいます。

疲労を残さず好コンディションを維持することは自転車を楽しむことに繋がるはずです。

 

 

TSUKA09(ツカレナイン)は、いかにも体を回復してくれそうなネーミングの通り、疲労の原因となる活性酸素に対し抗酸化作用を持つ「オリゴノール」という成分を配合したサプリメント。

このオリゴノールとは、簡単に説明すると健康に良いと言われているポリフェノールの一種です。

赤ワインやコーヒーに含まれることで有名なポリフェノールですが、分子が大きいため体に吸収されにくく、体内で十分な効果を発揮できないという欠点がありました。

このポリフェノールを低分子化させることで、約3~4倍の吸収率を実現したのがオリゴノールです。

効果的に吸収されるため、通常のポリフェノールよりも高い抗酸化作用を期待できる成分です。

 

 

オリゴノールは疲労軽減作用に加え、健康維持やパフォーマンスアップに有用な3つの効果を備えています。

 

1つは抹消血流改善効果。

オリゴノール摂取後30分で体表面温度が上昇するほど血流が改善するため、酸素や補給食から摂取した栄養が体の隅々まで運ばれやすくなり、持久力アップなどのパフォーマンス向上を期待できます。

 

 

2つ目は脂肪溶解促進効果。

オリゴノールを摂取し続けることで、脂肪溶解を促進させるという研究結果もあります。

オリゴノールは吸収されやすいため、運動前に摂取することでダイエットの効果を高めてくれます。

 

 

3つ目はリカバリー力向上効果。

オリゴノールは、心身にストレスがかかると発生するコルチゾールの発生を抑制、炎症反応などを鎮め、修復力を強化する働きも持ちます。

このオリゴノールというのはアミノアップ化学というメーカーが特許を取得した発明です。

 

アメリカの厚生労働省に当たるFDAの審査にクリアし、食品に対する安全基準合格証(GRAS)を取得しているため、安全性は期待できます。

オリゴノールは世界中の大学が研究対象とし、その有効性から様々な健康食品賞を獲得している最先端成分でもあり、アメリカのドーピング検査機関で、WADAが指定する禁止物質が含まれていないことが確認されています。

 

 

ツカレナインのオリゴノール配合量は1粒あたり25mg。推奨摂取量は1日に5粒とされているため、ツカレナインからは100mgを摂ることができる計算です。

加えて、糖質をエネルギーに変換するビタミンB1とビタミンB6、足つり防止に効果のあるミネラルも配合されており、サイクリングにうってつけのサプリメントに仕上がっています。

ツカレナインはミントタブレット菓子のように噛み砕いたり、唾液で溶かしたりして服用するチュアブル錠タイプを採用です。

ケースも手のひらサイズで持ち運びやすいため、シチュエーションを選ばず口にすることが可能です。

 

 

原材料名

マルチトール、デンプン、ライチポリフェノール加工品、ドロマイト、パラチノース、デキストリン、パン酵母(亜鉛、マンガン、銅、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデン含有)、ブドウ糖/結晶セル ロース、クエン酸、香料、ステアリン酸Ca、チャ抽出物、甘味料(アステルパーム・L-フニエルアラニン化合物、スクラロース)、ビタミンB6、ビタミンB1

 

 

運動によるスタミナ切れの正体は、活性酸素

スタミナ切れの正体は、体内の活性酸素が増えすぎたことにあるってこと、ご存知ですか?

活性酸素自体は体に必要なもので、その強い攻撃力で体内に侵入したウイルスや細菌といった害なすものを攻撃して排除してくれるものです。

体内のミトコンドリアが取り込んだ酸素のうち、5%が活性酸素になるんですが、運動すると酸素の消費量が上がります。

 

すると活性酸素が過剰に生成され、その強すぎる攻撃力が細胞自体を傷つけてしまい、体全体の機能低下に陥ってしまうんです。

その結果、栄養や酸素を十分体に巡らすことが出来なくなり、エネルギーの生産量が減り、ついにスタミナ切れになってしまう…というしくみ。

つまり、スタミナ切れを起こさないためには、この活性酸素対策が最重要、ということなんです。

 

 

運動による活性酸素対策にピッタリ、それが「オリゴノール」

抗酸化力に優れたポリフェノールを加工した成分・オリゴノール。

スポーツ専門紙を中心に、多くの雑誌で紹介されているほど注目されている成分です。

オリゴノールはライチ果実由来のポリフェノールを、低分子化させて体に吸収されやすくしたもので、なんと特許(特許第4941991号)も取得している成分です。

オリゴノールは一般的なポリフェノールより吸収されやすいからこそ、運動に取り入れることによって、活性酸素対策が効率的にできる、というわけです。

これは、杏林大学と帝京大学による実験も行われていて、オリゴノールを摂った人たちは、摂らなかった人たちに比べ疲労感の改善が見られたことが実証されています。

 

 

運動競技にサプリ、というとドーピングになるんじゃないか?と心配になるんですが、オリゴノールは北京やバンクーバー、そしてリオオリンピックでも使われていますから、その心配はありません。

きっと、2020年の東京オリンピックでも問題なく使われるんじゃないかと思ってます。

 

ツカレナイン
オリゴノールサプリメントはいくつか存在しますが、持久系アスリートに特化したものがTSUKA09(ツカレナイン)です。

特にトップアスリートが使用するサプリメントの場合、ドーピングに関する問題をクリアしていなければなりません。

ツカレナインに配合されているオリゴノールはWADA(世界アンチ・ドーピング機構)による確認テストの結果、使用禁止薬物が検出されませんでした。

つまり、ツカレナインはアスリートでも使用できるサプリメントであるということから、安心して飲むことができます。

 

 

ツカレナインハ手のひらサイズで携帯用としても便利なので、レース中やレース後に使用するのもオススメです。1ケースあたり、45粒。

飲み方は1日5粒を目安に噛んだりなめたりして・・・とのことですが、噛んだりなめたりしていると、ちょっと苦味があります。なので、個人的には水で流し込むのがおすすめです。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ