コンテンツ作りとは、どういう切り口で伝えるのか?



今の時代は情報空間に情報が無限に有り溢れています。ただいくら無限の情報があったとしても、コンテンツしてまとめられなければ、情報を活用することができないのです。

情報というのは、知っているだけでは意味がないので、活用できるコンテンツが求められています。そのコンテンツをつくることができれば、価値がある知識として提供することができます。

 

コンテンツをつくって稼ぎたいのであれば、価値があるコンテンツをつくるのは当たり前です。そのためには、まずコンテンツ自体を理解する必要があります。

 

まず、コンテンツを理解する

コンテンツというのは、読んでいてためになる知識、実際に活用できる知識のことをいいます。コンテンツというのは、読み手のためにつくるというのが基本中の基本になります。

 

コンテンツを理解しないで、コンテンツをつくろうとすると、全く役に立たない情報になってしまうのです。よく、トレンドアフィリエイトで稼ごうとする人は、旬の情報やニュースのキーワードに入れてアクセスを増やそうとしますが、コンテンツになっていない情報には価値がありません。

 

コンテンツというのは、見たくなる、読みたくなる情報であり、実際に活用することができる知識にだということを、理解しないと価値があるコンテンツをつくることはできないのです。

 

コンテンツを理解しないで、どんなに旬の情報の記事やニュースの記事を書いても意味がないのです。なぜなら、旬の情報やニュースの記事は専門家がすでに書いているので、敢えて書く必要はないからです。

 

多くの人はアフィリエイトで稼ごうとして、無駄な情報発信をしています。コンテンツになっていない情報をいくら発信しても、稼ぐことはできないのです。

 

サイトの目的を明確にする

本来は全てのサイトに目的がないといけないのです。情報空間はほぼ無限にあるので、必要ない情報も残ってしまうのですが、サイトには必ず目的がないといけないのです。

 

サイトというのは、リアルのビジネスで言えば、看板であり、店そのものです。店が存在する目的は必ずあるのです。何の目的もなく存在する店はないのです。何の目的もなく、店をつくる人はいないのです。

 

これはサイトでも同じで、何の目的もなくサイトをつくっても、何の利益にもつながらないのです。ネットビジネスで稼ぎたいのであれば、必ずサイトの目的を明確にする必要があります。

 

もし、あなたのサイトをリアルのビジネスに例えるとしたらどうでしょうか?訪問したくなるコンテンツがない店に行きたいと思うでしょうか?

 

ネットビジネスも、リアルのビジネスでもお客さんが訪問する動機は同じなのです。何らかの価値を求めて、訪問するということを忘れないでください。

 

「稼ぎたい」はあなたの都合

情報を発信して、アクセスを集めて、具体的な収益を上げて「稼ぎたい」という目的でネットビジネスを始める人が多いのです。

 

「稼ぎたい」という目的が悪いのではありませんが、稼ぎたいというのはあなたの目標であり、都合なのです。お客さんというのは、あなたが稼ぐことには、全く興味関心がないのです。

 

稼ぎたいという動機で、コンテンツをつくっていくと、稼ぎたいという動機が見破られるサイトになっていきます。コンテンツというのは、お客さんのために提供するものです。価値がない情報を提供しても稼ぐことにはつながらないのです。

 

稼ぎたいのであれば、稼げるコンテンツをつくることです。一時的にアクセスを上げる情報を発信しても、稼ぐことはできないのです。ネットビジネスで稼げない人は、稼ぎたい動機だけで、情報を発信しているので、稼げないのです。

 

稼ぐためには、価値を提供しなければ稼ぐことはできません。価値があるコンテンツを提供することで、稼げるようになっていきます。

 

人は正しいかよりも共感を求めている

人が求めている情報というのは、正しいかどうかよりも「共感」を求めています。コンテンツの観点も共感を土台につくっていくと、より価値があるように見えるコンテンツになっていきます。

 

理想論やきれいごとのようなコンテンツよりも、実際に活用できるような、実践ができるようなコンテンツを提供することで、「伝わるコンテンツ」を提供することができます。

 

どんなコンテンツであっても伝わらなければ意味がありません。読んで理解ができるコンテンツでなければ、価値を感じることはできないのです。人は共感ができることは理解ができるようになるので、コンテンツをつくるときに「共感」を意識しながら提供してみてください。

 

まとめ

コンテンツを提供するときに、どのような切り口で伝えるかというのは、とても重要なことです。価値があるコンテンツというのは、読者目線になっています。

 

サイトの目的が明確になっていけば、どのようなコンテンツをつくるのかを、明確にすることができて、共感ができるコンテンツができれば、稼ぐことにつながっていきます。情報発信の目的が明確になれば、どの切り口で、何を提供していけばいいのかが、見えてくるようになります。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ