ネットショップ・ECサイトで稼ぐ



以前は「店を持つ」となると、
最初に膨大なコストがかかりましたが、
今はインターネット上に店を持つことができます。
それが「ネットショップ・ECサイト」になります。

 

リアルの店の場合は、
営業時間は必ず店にいないといけないのですが、
ネットショップの場合は、
パソコンに付きっ切りにならなくても、
運営ができます。

 

ただビジネスの基本としては同じであるので、
必ずビジネス感覚で取り組むようにしてください。

 

ネットショップ・ECサイトの運営の心構え

ネットショップはインターネット上の店になります。
店というのは、お客さんが来て、
商品を購入することで初めて成り立っていきます。

 

なので、ただ店を構えているだけでは、
成り立っていかないし、
現実インターネット上には無数のネットショップがありますので、
他のサイトはライバルにもなっていきます。

 

ネットショップを運営する心構えとしては、
「商人」という心構えが必要です。基本的なことは、
商品を仕入れて、商品を販売するということだけなのですが、
物を売るという感覚を身につけていく必要があります。

 

そのためには、インターネット上でできることは、
精いっぱいのことをしながら、運営をしていくということです。
ただ待っているだけで運営ができるのではないので、
商人としての心構えで取り組むようにしてください。

 

ネットショップの準備

ネットショップを全くゼロからまともにやるとしたら、
自分でサイトをつくっていくようになります。

 

そのためには、HTMLやCSS等の知識も必要になっていくし、
「商品の仕入れ」「受注」「販売」まで
基本的には全部やるようになります。

 

ある程度の知識がある場合は、
全くゼロから始めて、
自由自在なサイトをつくることができますが、
初心者の場合は他のサービスを利用した方が、
早く始めることができます。

 

サービスを使う場合は「ASP」「モール」の2種類があります。

 

「ASP」は低コストで運営をすることができます。
初心者でもHTMLやCSS等の知識がなくても、
ネットショップを簡単につくれます。

 

ASPのおすすめは「ショップサーブ」「メイクショップ」になります。
低価格でサポートも充実しているので、
初心者でも安心して取り組むことができます。

 

完全無料で取り組みたい場合は
「FC2ショッピングモール」になっていきますが、
ただサポートがありませんので、
自分で運営ができる人にはおすすめのASPになります。

 

もう一つは「モール」を使うということですが、
ネットショップのほとんどの人はこの形式を使っています。

 

大手の「Yahoo!ショッピング」「楽天市場」「DeNAショッピング」の
モールを使うので、
アクセスは保証されますが、多くの人が利用している分、
競争率が高くなっていきます。なので目立っていかないと、
他のサイトととの競争に負けてしまいます。

 

そして、モールの場合は
「初期費用」「月額の使用料」「売上の手数料」などの
コストがかかりますので、売れる目安がある人にはおすすめです。

 

ネットショップで売るものとは?

基本的には「何でも売る」ということなのですが、
何でもかんでもネットショップに載せたとしても、
売れることはありません。

 

まず「何屋」というのが、ハッキリわからないと、
お客さんは見向きもしないのです。
商品に一貫性があって、専門店のような雰囲気があって、
お客さんが商品を購入するのです。

 

たとえば、リアルの店であっても、
必ず「何屋」というのが分かった上で
商品やサービスを買うようになります。
これはネットショップでも同じで、
商品に一貫性がない店では買わないのです。

 

「アクセサリー」であれば、
アクセサリーの専門店にして
、アクセサリーだけを売るようにしてください。

 

何が売れるのかは、
その時期によっても変わってきますが、
何を売るかよりも、何を売りたいか、
提供したいのかを考えて取り組んでください。

 

ネットショップで稼ぐ方法

ネットショップで稼ぐためには、
とにかく集客は欠かせません。
どんなに立派なサイトをつくっても、
お客さんがそのサイトに訪問にこなければ、
商品が売れることはありません。

 

集客の方法は「広告を出す」ということです。

 

広告の種類には、大きく4つあります。
「直接広告」「検索連動広告」「紹介広告」「間接広告」
があります。

 

「直接広告」には
「マスメディア広告」「バナー広告」があります。
影響力は大きいのですが、コストがかかります。

 

「検索連動広告」は
「リスティング広告」「SEO」があります。
検索キーワードを意識しながら、
なるべく絞ったキーワードから集客ができます。

 

「紹介広告」は
「メールマガジン」「SNS」から紹介してもらうのですが、
紹介してもらうためには、
紹介者のメリットも考える必要があります。

 

「間接広告」は
「アフィリエイト」「サテライトサイト」の広告を出して、
集客をしていきます。

 

まとめ

ネットショップで稼ぐためには、
最初にコストかけた方が、
稼げる確率が上がっていきます。
コストをかけないのであれば、
それだけ時間がかかるようになります。

 

なるべく早く稼ぎたいのであれば、
やはり最初の初期費用の投資が必要です。
ただネットショップというのを、
しっかりと理解した上で取り組んでいかないと、
どんなに初期投資をしても稼ぐことはできません。

 

ネットショップは無数に存在しているので、
競争率が高いので、他のショップよりも
目立たせるための投入も必要になっていきます。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ