ネットビジネスで稼ぎ続けたいなら、考えを改める必要があります



ネットビジネスで稼げない人は、ライバル、市場の飽和状態のことを気にし過ぎて恐れます。どんなビジネスでもライバルは必ずいるのです。ライバルがいないビジネスは、市場がないということでもあるのです。

 

ライバルがいるから稼げないということはあり得ません。ライバルがいるからこそ稼げるのです。他のライバルと差別化ができるチャンスがあり、お客さんに選んでもらえるチャンスがあるのです。

「ライバルがいるから稼げない」という考え方を改めないと、どこの市場に参入しても稼ぐことはできません。

 

ビジネスでライバルがいるのは当たり前

ネットビジネスに限らず、どんなビジネスでもライバルは存在します。もしライバルがいないビジネスがあったとしたら、市場がないのでビジネスが成り立たないのです。

 

例えば、飲食店は他の飲食店がライバルになり、アパレル業界はアパレル業界の中でライバルが存在します。

 

ネットビジネスの場合、世界的にライバルが多いので、リアルビジネス以上にライバルを意識してしまうのですが、ライバルがいるから稼げないということではないのです。

 

ネットビジネスの場合は広まるのが早いで、すぐに市場が飽和状態になるように見えるのですが、どんなに稼いでいる人であっても、一部のお客さんにしか商品やサービスを提供していないのです。

 

全てのユーザーが商品やサービスを購入するのではないので、市場が飽和状態までにはいかないのです。飽和状態というのは錯覚であって、実際には飽和状態ではなく、まだまだ市場は常に空いているのです。

 

ライバルに勝てばいい

どんなビジネスでもライバルは必ず存在します。なので、ライバルに勝てば何の問題もないのです。たとえ、初心者であっても続けていけば、ライバルに勝てる可能性があるのです。

 

逆に稼いでいる人であっても、努力ができなければ稼ぎ続けることができなくなり、後から参入した人に負けてしまうこともあるのです。

 

多くの人はライバルを恐れるあまり、最初から可能性がないと諦めてしまうのですが、どんな市場であっても、長くやっている人と初心者がいるのは当たり前です。全くの初心者がすぐに他のライバルに勝てる可能性は低いのですが、続けていくことさえできれば、勝てる可能性があるのです。

 

なぜなら、ネットビジネスの業界は常に市場が変化しているので、市場と商品やサービスが一致したとき、稼げる可能性があるのです。ただ、日頃から稼ぐための努力をしていない人には、チャンスが見えないので、稼ぐ努力だけは続けていく必要があります。

 

極論を言えば、ネットビジネスのライバルはネットビジネスをやっている人、全員になります。ただ全員が全員稼いでいるのではないので、稼いでいない人に勝つことは簡単にできます。ほとんどの人は稼げるようになる前に、諦めてしまうので、ライバルはいるようでいないのがネットビジネスの業界なのです。

 

ネットビジネスの土俵は同じ

ネットビジネスは、稼いでいる人も、稼げていない人も同じ土俵なのです。稼いでいる人もインターネットを使って情報発信をしているので、やっている作業自体にはほとんど差がないのです。

 

同じ土俵ではあるのですが、作業の投資時間が違うので、稼げる人と稼げない人に分かれていくのです。稼げるようになるまでの時間の投資は必要です。投資をした分だけ、稼げる可能性を上げることができるのです。

 

ネットビジネスで情報発信をしながら稼いでいる人も、まだ稼げていない人も、やっている作業には差がないので、稼げる努力を続けることができれば、他のライバルに勝てる可能性は十分にあります。

 

ネットビジネス業界は出入りが激しい市場

ネットビジネスで稼いでいる人の割合は5%以下です。95%以上の人が稼げないのですが、ライバルが多いから稼げないのではありません。途中で諦めたから稼げなかったのです。

 

95%の人が参入しては、やめてということを繰り返しているのです。常に新しい人が参入している一方で、多くの人が諦めているので、ネットビジネスの業界は出入りが激しいのです。

 

ネットビジネスの業界で稼ぐためには、シンプルに諦めないで続けることができれば、稼げる可能性は十分にある市場なのです。

 

諦めなければ稼げるようになる

ネットビジネスを諦めた人は「ライバルが多い」「市場が飽和状態」「稼げる市場ではない」ということを、口を揃えて言います。

 

「自分が諦めた」とは言わないのですが、実際には諦めたから稼げないだけのことです。稼ぐために必死になって努力をして諦めた人は少なく、大して努力をしていない人が簡単に諦めているのです。

 

諦めないで続けていくことができれば、稼げるようになるのが当たり前なのです。稼げない方がおかしいのです。稼げるようになれるか、なれないかは、諦めるか、諦めないかの違いだけだということです。

 

 

まとめ

どんなビジネスでも必ずライバルがいます。ライバルがいても、諦めないで続けることと、他のライバル以上の価値を提供することができれば、ライバルを気にすることはないのです。

 

ネットビジネスの業界で稼いでいる人は、ごく一部の人だけなので、とにかく続けることさえできれば、稼げる可能がある市場なのです。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ