伝え方・表現の仕方によって成約率も変わる



良い素材のコンテンツを持っていても、
伝え方が悪ければ成約につながらないことがあります。

 

とくに情報商材の場合は、
伝え方・表現の仕方でほぼ決まると言っても過言ではありません。

 

コンテンツが良くても、キャッチコピーが悪くて、
売れない商品やサービスが多いのです。

 

伝え方・表現の仕方のセンスによって、
商品やサービスの見え方が変わってしまうので、
成約率を上げるためには、
キャッチコピーのスキルを身につける必要があります。

 

とくにネットビジネスは「コピーライティングスキル」は必須です。
コピーライティングのスキルによって、
稼げるか稼げないかが決まってしまうのです。

 

お客さんを騙すためのスキルではなく、
お客さんに価値を提供するためのスキルとして、
コピーライティングのスキルが必要なのです。

 

伝え方の知識を学ぶ

伝え方を変えるためには、
伝え方の知識を学ぶ必要があります。
コピーライティングの基本的な知識と、
知識を学びながら、
言葉を分析することも必要です。

 

伝え方のスキルというのは、
日常の中のキャッチコピーを研究することができれば、
知識として身についていきます。
ネットでもリアルであっても、
必ず言葉が書いてあります。

 

その言葉を分析していくことで、
どのように伝わってくるのかを研究することができます。
伝え方というのは、人それぞれで違ってくるのですが、
伝え方を研究して自分がどのように感じるのかを分析することで、
伝え方の基礎ができていきます。

 

知識を学ぶことと日常の中で、
キャッチコピー意識して見るだけでも、
伝え方のトレーニングができるようになります。

 

相手のメリットを伝える

伝え方の基本中の基本というのは、
情報の受け手にメリットを与えることと、
メリットを伝えることです。
この基本からずれてしまうと、
成果が出ないキャッチコピーになってしまいます。

 

どんな人でも、
商品やサービスを購入するとき
メリットを無意識に考えます。
情報も同じで、メリットがある情報しか
得ようしないのです。

 

情報発信をしながら、
メリットを与えない、伝えないブログやサイトが多いのです。
成果につながらないブログやサイトは、
基本中の基本である「相手のメリット」が
欠けているということです。

 

メリットがある具体的な文章も必要なのですが、
キャッチコピー、文章の配置、読みやすさという
細かいところまで分析することで、
伝え方のスキルを身につけることができます。

 

売れているキャッチコピーを研究する

売れているキャッチコピーには必ず理由があります。
人が何かを購入するときは、
キャッチコピーで判断して購入していくのです。

 

売れているキャッチコピーを細かく分析していくことで、
キャッチコピーのスキルが身についていきます。
分析することは、文字の使い方、文字の配置、文字のトーンを分析して、
伝わり方を分析していくと、
売れている理由が分かるようになります。

 

ブログやサイトの場合は、
無意識に反応するようになっているので、
常に研究をしていくことで、
伝え方を理解することができるようになっていきます。

 

伝え方というのは「これだけが正解」というのはないのですが、
色々なキャッチコピーに触れていくことで、
パターンを見い出したり、共通点を見い出すことができるので、
常に研究していきながら、実践してみてください。

 

ブログやサイトの反応率も分析しながら、
どのようなキャッチコピーに反響があったのかを
日々研究するようにしてみてください。

 

コピーライティングのスキルを身につける

ネットビジネスに「コピーライティングのスキル」は必須です。
何をするにしても、コピーが書けないことには、
稼ぐことはできません。

 

コピーライティングのスキルを身につけるためには、
常にブログを書いたり、常に知識を学んでいくことです。
そして最も効果的なトレーニングが「写経」をするということです。

 

売れているキャッチコピーやサイトの写経をしていくことで、
言葉が身についていくので、コピーライティングのスキルを
身につけることができます。

 

コピーライティングのスキルは、
具体的に実践をしないことには身についていかないので、
常に実践を積み重ねるようにしてください。

 

常に読み手のことを考える

ブログやサイト、あるいはYouTubeにしても、
読んでもらわなければ、視聴してもらわなければ、
情報発信をしている意味がありません。

 

常に読み手のことを考えて、
読み手のメリットにつながることを発信する
ということを心がけてください。

 

読んでいて何のメリットも感じられない
ブログやサイトをつくるのではなく、
メリットを与えるという基本を常に考えてください。

 

まとめ

伝え方・表現の仕方で成約率が変わっていきます。

 

ただ自分が分かっていることを、
お客さんに分かりやすく伝えるというのは、
簡単なことではないのです。

 

商品やサービスを提供する側は、
四六時中、その商品やサービスを考えているので、
プロなのですが、お客さんというのは、ど素人なのです。
そのど素人が簡単に理解できる伝え方をしないと、
成約までにつながらないのです。

 

伝え方・表現の仕方のスキルを身につけていけば、
確実に成約率が上がるようになります。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ