副業で稼ぐにはノウハウを見抜いて選別することから始まる



収入が少ない人の意見やノウハウは、実際に活用できないようなことが多いのです。どんなに学んでも、活用できないようなことを学ぶのは時間の無駄になります。とくにインターネットの世界だと、どれだけでも書けるし、どれだけでも言えるので、ネットビジネスに参入したての人は騙されやすいのです。

どんなビジネスでも、楽して稼げるビジネスは絶対に存在しません。それは、リアルビジネスでも、ネットビジネスでも同じです。稼いでいる人は間違いなく努力をしているし、稼げるようになるまでには、相当な時間とお金を投資しています。

 

収入が少ない人に限って、大げさにアピールするのですが、そのアピールに騙されてしまう人が多いのです。ビジネスを始めるのであれば、まず楽をしようとは考えないことです。楽をして稼げることは、一つもないということです。楽をしたいのであれば、ビジネスをやることを考えない方がいいということです。なぜなら、「楽をしたい人」が騙されるターゲットにされているからなのです。

 

稼ぎ続けるためには行動を続けること

ネットビジネスの業界の中には、一瞬だけ稼いで消えていった人はたくさんいます。稼ぎ続けることができない人が非常に多いのです。アフィリエイトで稼いでいた人が、アフィリエイトのノウハウを教えるコンサルをしたり、コンテンツを作っていくのですが、コンサルやコンテンツ作りに追われて、アフィリエイトの実践ができなくなる人がいます。

 

稼げる金額からみると、コンサルやコンテンツの方が大きく稼げるので、アフィリエイトで稼ぐよりも効率がよいのですが、稼ぎ続けるためには常に実践をしながら、現状を学びながらコンサルやコンテンツを作っていかないと、稼ぎ続けることができなくなります。なぜなら、ネット業界の環境が変わっていくので、以前に通用していたノウハウが使えなくなることがあるからです。

 

一つのノウハウだけを覚えて一生使えるということはありません。ノウハウというのは常に新しくなっていきます。新しくなることでより効率的になっていくのですが、新しいノウハウに切り替えられなくて、稼ぎ続けることができなくなる人が多いのです。稼ぎ続けるためには、常に行動を続けて行かないとネット業界の現状が、見えなくなってしまうのです。

 

楽して稼げるビジネスは存在しない

どんなビジネスでも楽して稼ぐことはできません。当然、ネットビジネスも楽して稼ぐことはできないのです。ネットビジネスはパソコン一台でビジネスが成り立ってしまうので、簡単に考えてしまう人が多いのですが、簡単には稼げないということです。

 

実際のところネットビジネスの方が、リアルビジネスよりも厳しいのかもしれません。誰でも簡単に参入することができるので、競合他社が多いのです。個人でも簡単に始められるので、ビジネスのライバルが国内だけではなく、世界中にいるということでもあるのです。

 

リアルの店舗の場合の競合他社は、地域に限定されていくので、同じ業界の競合他社も見つけやすいのですが、ネットビジネスの場合は、どれだけの人が参入しているのが見えにくいのですが、圧倒的にライバルが多いということです。なので理屈から考えても楽をして稼げるというのは、あり得ないということです。

 

稼げていない人が教えている現実

実際に稼いでいるか、稼いでいないかはわからないのです。証拠の写真をアップする人もいますが、実際のところはわからないのです。今の時代は証拠はどうにでもつくることができるからです。

 

誰でも同じことを学ぶのであれば、稼いでいる人から学びたいと思うのですが、その稼いでいる人が、どのような価値を提供してくれるのかを見抜く必要があります。コンサルにしても、コンテンツにしても実際に活用できないことを学んでも意味がないのです。稼いでいない人が教えることというのは、漠然としたことばかりで、具体性がないことが多いのです。

 

コンサルもコンテンツも漠然としていて、具体的な戦略が立てられないようなことを教えてきます。あるいは結論的なことばかりを教えてくるので、途中過程が見えない場合もあります。具体的に実践できることを教えられる人は、ブログやサイトでも論理的に理解できるような内容をアップしています。

 

稼げていない人が教えることは、稼げるようなことを教えられないというのは当然なことです。現実の数字に惑わされることなく、価値が提供できるかどうかを見抜く思考が必要になっていきます。

 

基本は地道にコツコツと学んで行動をする

基本は地道にコツコツと学んで、行動をすることしかないのです。稼ぐためには省略もワープもすることはできないのです。まして、楽して稼げるはずは絶対にないということです。

 

コツコツと学んで、コツコツと行動する人は、何が怪しいのかがだんだんとわかるようになるので、無駄なことに時間やお金を使う必要がなくなります。確実に積み上げていけば、いつ、どこで稼げるようになるのかがわからないのが、ネットビジネスの業界なのです。

 

まとめ

ネット業界の詐欺というのは、少なくはなっているのですが、全く無くなっていないというのが現状です。詐欺に遭う人がいなくなれば、詐欺が成り立たなくなるのですが、どのような価値を提供しているのかを見抜ける思考ができる人が少ないのも現状なのです。

 

とくに、楽をして稼げるビジネスというのはあり得ないのですが、そのあり得ないことに騙されてしまう人が多いのが現状なのです。収入が少ない人や、価値が提供できない人の意見やノウハウには、中身がないので「それ相応」のようなものしかないということです。

 

まずは副業でしっかりと稼げるようになって
ネットビジネスで成功の道を切り開きましょう。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ