SOHOで稼ぐ



今はインターネットの時代であるので、
在宅で稼ぐことができる環境は整っています。

 

SOHOは主に入力の仕事になりますが、
オフィスでも在宅でも同じ仕上がりであれば、
在宅でも何の問題もないので成り立っていけるのです。

 

忙しくて、パートに出れない人や、
時間が縛られることに抵抗がある人には、
SOHOの働き方がおすすめです。

 

今後はSOHOで働く人が増えていく可能性もありますので、
新しい働き方を身につけておくのも
今後のためにもなります。

 

SOHOで稼ぐための心構え

SOHOで稼ぐための心構えは
「成果報酬」ということです。
つまりやった分だけしか
報酬がないということです。

 

今まで時給感覚で働いてきた人にとっては、
場合によっては割が合わないこともあります。

 

成果報酬というのは、スキルに見合った報酬になっていくので、
スキルがない人にとっては、今までの時給感覚だと
割が合わないのは当然です。

 

ただそれでも、続けていくことで
スキルが上がっていくので、
報酬も上げることができます。

 

最初は「報酬のため」というよりは、
「勉強のため」という気持ちで
取り組んだ方がいいと思います。

 

最初は思うように稼げなくても、
続けていく中でできることが増えていくので、
報酬を上げることができます。

 

最初は簡単なことの数をこなしていきながら、
スキルアップを意識していきましょう。

 

スキルアップができる

SOHOで稼ぐためには、スキルアップが必要です。
誰でもできるようなこと、
誰がやっても同じ仕上がりのことは、
やはり単価が安いです。

 

一番多い案件は「ライター」になっていきますが、
ライターとしての経験を積むことで、
スキルは確実に上がっていきます。

 

主にインターネットで調べながらの、
業務になっていくので、
同時に知識も学ぶことができるので、
スキルアップと知識アップができます。

 

スキルが上がっていけば、
高単価の案件もとれるようになっていくので、
短時間で稼ぐことができるようにもなります。

 

スキルアップのためには、
少しでもできそうな案件にできる限り
応募していきましょう。

 

SOHOで稼ぐ上での注意点

SOHOで稼ぐ上での注意点は、
今現在できる案件、できそうな案件だけに
応募してください。

 

中には高額の案件もありますが、
高額な案件はそれなりのスキルや技術が
必要になっていきます。

 

すでに経験している業務であれば、
どんどん応募しても構いませんが、
初心者の場合は自分に見合った案件だけに
応募してください。

 

募集をしているクライアントは、
できるという前提で募集をしているので、
できない案件に応募すると
迷惑をかけることにもなります。

 

複数の案件を応募する際には、
スケジュールをしっかり立てて、
応募するようにしてください。

 

なので、数をこなすことも大切なのですが、
できる範囲での応募をするのと、
できない場合は早めに断るようにしてください。

 

SOHOの種類

「データー入力」
データー入力は初心者でも、
簡単に取り組むことができます。
正確に入力するので正確性が要求されますが、
SOHOの初心者はここから始めてもいいと思います。

 

主に手書きの文章を入力したり、
録音した音声をそのまま入力するような
案件があります。

 

データー入力で慣れておけば、
他の種類の案件にもつなげることが
できるようにもなります。

 

「コピーライティング」
最も案件が多いのが
コピーライティングになっていきます。

 

ライティングの種類には
「セールスライティング」と
「コンテンツライティング」がありますが、
初心者でも取り組める案件がありますので、
スキルアップしやすい業務でもあります。

 

魅力がある文章力が要求されていきますが、
量をこなしていく上で文章力は身についていきます。

 

コピーライティングのスキルは色々なビジネスにも
活用できますので、学びながら身につけられる仕事に
なっていきます。

 

「サイト管理」
サイト管理は、
ホームページの管理や更新、
修正の業務になっていきます。

 

ホームページを運用している企業サイトを管理しながら、
コンテンツの更新、商品管理、顧客管理、お問い合わせ等の
業務です。

 

ホームページの管理業務ができれば、
誰でも簡単に取り組めます。

 

「web製作」
web製作は企業や団体、
個人のホームページをつくる業務に
なっていきます。

 

ホームページをつくるための知識や、
作成するためのソフトのマスターが必要で、
デザイン思考も必要になっていくので、
専門的な知識とスキルが必要です。
難易度が高いので報酬も高くなっていきます。

 

「レイアウト」
主に名刺、年賀状、
パンフレット等のデザインの業務に
なっていきます。

 

レイアウトのソフトや画像ソフトの知識が必要で、
デザインのセンスも問われていきます。
デザインのバランスを取るための色の知識も必要です。

 

「ネットショップ」
ネットショップの店長になって、
オンラインショップ更新、キャンペーンの企画、
売上を上げるための管理を行っていく業務になります。

 

「ソフト開発」
新しいソフトを開発したり、
制作をする業務になります。

 

C言語等の知識が必要なので、
プロ並みの知識とスキルが必要です。

 

おすすめサイト

SOHOのおすすめサイトは
「Lancers」「クラウドワークス」になります。

 

案件が充実していて、
全くの初心者から高度なスキルを持っている人まで、
幅広い案件がありますので、
誰でも取り組めるサイトであります。

 

まとめ

今後はSOHOスタイルで働く人が増えてきます。
スキルさえ身につけていけば、
海外に行っても仕事ができるようになるので、
大きな可能性がある働き方になっていきます。

 

まだ、知識やスキルが十分でないと感じている人も、
知識やスキルを身につけながら、
取り組むことができるので、
新しいライフワークに挑戦してみてください。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ