コンサルで稼ぐ



「コンサルタント」というと、
弁護士や税理士のような堅い印象があって、
難しい資格が必要な印象がありますが、
コンサルタントは誰でもなることができます。

 

資格は必要ないので、
自分で「○○コンサルタント」と名乗れば、
コンサルタントになることができます。

 

簡単に言えば、コンサルタントとは
「悩みを解決してくれる人」ということです。
経営で悩んでいるのであれば、経営コンサルタントに
相談して悩みを解決するように、悩みが解決できれば、コ
ンサルタントになることができるのです。

 

コンサルで必要なのは知識と経験

コンサルタントに必要なのが「知識」と「経験」だけです。
この2つがあれば、誰でもコンサルタントになれます。

 

クライアントの悩みというのは、大抵は知識がなくて、
解決方法がわからなくて悩んでいます。
クライアントとコンサルタントの知識の差が、
コンサル料になるということです。

 

知識の差の中で、現実の問題解決の方法を提示できれば、
コンサルが成り立っていくのです。

 

知識から問題解決の方向に導くためには
、経験も必要になっていきます。

 

経営の経験があれば、経営コンサルタントになることができます。
もし経営の経験がなかったとしても、クライアントよりも知識があれば、
コンサルはできますが、経験があった方が具体的な解決方法を提示しやいのです。

 

コンサルを始める人は、まず最低限、
専門的な知識は習得しておいてください。

 

実際には、ほとんど人は知識を学んでいないので、
専門的な知識を習得すれば、
簡単に知識の差をつけることはできます。

 

コンサルに資格は不要

ほとんどのコンサルには、資格は不要です。
中には資格が必要な分野もありますが、
その分野は簡単には携われない分野なので、
わざわざ目指す必要はありません。

 

コンサルタントは、どの分野でもなることができるのです。
たとえば、趣味のコンサルもできるし、
得意分野のコンサルもできます。

 

理想は今まで経験してきたことの学びを深めて、
教えられるようになれれば、コンサルとして成り立つのです。
それは。趣味でも得意なことでもいいのです。

 

経験してきたことは、身をもって覚えていることなので、
ただ学んだことよりも、クライアントに大きな信頼を
与えることができます。

 

コンサルのメリットとデメリット

コンサルのメリットは、
大きく稼げる可能性があるということです。
知識の差、経験の差というのは、
金額に換算できない価値があるのです。

 

クライアントの悩みを解決するのですから、
その価値には相場というのが値しないのです。

 

たとえば、経営コンサルの場合、
会社の売上が上がれば問題が解決されるのですが、
売上のノウハウを提供した場合の金額には上限がありません。

 

コンサルの結果として1億円の売上がたったとしたら、
コンサル料は1000万円でも安いということになるのです。

 

1ヶ月に1人でもクライアントが獲得することができれば、
大きく稼げる可能性は十分あります。

 

コンサルのデメリットは、クライアントの獲得が簡単ではないことです。
どんなクライアントでも、メリットがあるコンサルタントに
依頼するのが当たり前です。

 

すでに実績があるコンサルタントは、
簡単に信頼されるのですが、
最初は誰でも実績ゼロの状態から始めることになるので、
最初の一人目のクライアントの獲得が最も難しいのです。

 

そして、時代は常に変化しているので、
常に新しい情報と知識を学ぶ必要があるということです。

 

同じ分野であっても、常に変化しています。
そして、効率も求められているので、学びながら、
コンサルの実践をしていくくらいのスピードも
求められています。

 

コンサルは自分で名乗ることはできますが、
ある程度の専門的な知識と、経験を土台にして、
実践をしながら、さらにスキルと能力を強化させていくという、
気持ちが必要です。

 

コンサルで稼ぐコツ

コンサルで稼ぐコツは、
今はインターネット集客は当たり前になっていますので、
まずはインターネットで情報発信をすることです。

 

ブログ、SNS、YouTube、メルマガ等で情報発信をしながら、
集客をしていくのですが、情報は全て出し切ってください。

 

今は出し惜しみをしても、意味がありません。
クライアントの獲得のためには「信頼関係」がないと、
コンサルを依頼してきません。
情報や知識を出し切っていくことで、
信頼関係ができます。

 

インターネットで出し切ったら、
「知識のネタがなくなってしまう」という心配をする人もいますが、
情報発信をしている同じ内容でコンサルを実行すればいいのです。
クライアントはインターネットと同じ内容でも、
気にしないのです。

 

情報発信をすることで、クライアントから依頼させるくらいになるまで、
時間と手間がかかりますが、インターネット上に知識という資産ができれば、
簡単にクライアントを獲得することができます。

 

まとめ

企業にしても、個人にしても、常に問題と課題はありますので、
コンサルというのは、いつの時代でも成り立っていきます。
どんなにインターネット上に質の高い知識が公開されていても、
ほとんどの知識は読まれることがないので、
知識の差でコンサルをすることは可能なのです。

 

情報発信をすることで、クライアントとの信頼関係ができるので、
その信頼関係が土台になってコンサル業として成り立っていきます。

 

まずは信頼される情報を発信していくことから、始めていきましょう。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ