コンテンツを作る際の重要なポイント



ネットビジネスで成功するためには、
コンテンツをつくるというのが
重要なポイントになていきます。

 

コンテンツをつくることができれば、
ネットビジネスの成功の土台ができるので、
稼ぎやすくなるし、成功しやすくなっていきます。

 

ただ、コンテンツをつくるポイントが分からないで漠然とつくっても、
漠然としたコンテンツになってしまうので、
価値を提供することができなくなります。

 

コンテンツをつくる重要なポイントを理解していきましょう。

 

コンテンツの目的を明確にする

コンテンツをつくる目的は、
相手がどう感じて、どういう行動をして貰いたいのが
ゴールになっていきます。

 

そのためには、どのような情報を発信したらいいのでしょうか?
行動したくなる、情報を発信しないことには、
行動には至らないのです。

 

コンテンツの目的は、
相手の感情と行動に呼びけるのが目的になっていきます。
中にはコンテンツをつくるに際して、
文章力を気にしすぎる人もいますが、
いくら文章力があっても相手に伝わらなければ
意味がないのです。

 

相手の感情や行動に呼びかけるためには、
理解ができることと伝わらなければ、
何も呼びかけることはできないのです。

 

コンテンツをつくる目的は、
「相手に伝える」ということだけです。
相手に伝わってメリットを感じて、
感情や行動を呼び起こすができれば、
立派なコンテンツになっていきます。

 

伝えるスキルは身についていく

伝えるスキルというのは、
情報発信をしていけば自然に身についていきます。
コンテンツをつくればつくるほど、
伝えるスキルが身についていくので、
最初からスキルを気にしないことです。

 

とくにブログで情報発信をする場合は、
無料で情報発信をしているので、
多少、伝えるスキルが乏しかったとしても、
とくに問題はありません。
無料でコンテンツを提供することを続けていけば、
スキルは磨かれていきます。

 

伝えるという努力をしていけば、
必ず伝えるスキルが身についていくので、
文章力を気にし過ぎないでください。

 

コンテンツは相手のためにある

コンテンツは相手のためにつくっていくものです。
コンテンツを提供して報酬を得たいというのは、
自分の都合であって、
報酬のためだけにコンテンツをつくろうとすると、
価値がないコンテンツになっていきます。

 

何を提供するのかが、
明確になっていないコンテンツには価値がないのです。
そのようなコンテンツはコンテンツとは言えないし、
ただの伝わらない文章となってしまうこともあります。

 

中には旬の「キーワード」を入れ込んで、
コンテンツをつくろうとしますが、
たとえ検索エンジンで上位に表示されて、
一時的にアクセスが増えても、
長くは続かないので意味がありません。

 

「コンテンツは相手のためにある」というのが
基本中の基本になっていきます。
この基本からずれてしまうと、
ずれたコンテンツが仕上がってしまいます。

 

コピーライティングスキルの勘違い

コンテンツが上手くつくれない人に限って、
文章力を鍛えようとします。
そしてコピーライティングのスキルだけを
身につけようとしてしまうのです。

 

ネットビジネスでコピーライティングのスキルというのは
大事なことなのですが、
伝わらないコピーをいくた書いても意味がないのです。

 

文章力と伝えるコピーというのは違います。
文章力があっても伝わらない場合はいくらでもあるのです。
伝えるコピーというのは、実践を積み重ねていくことで、
伝え方がわかるようになっていきます。

 

読み手を意識しない文章というのは、
アクセスが集まるどころか、どんどん人が離れていきます。
なぜならつまらないからです。

 

つまらないコンテンツじみたものばかりをつくってしまうと、
情報発信をすればするほど、
信用度が薄れていくので、
稼ぐどころではなくなってしまうのです。

 

行動ができるコンテンツをつくる

稼ぐコンテンツをつくるためには、
相手に行動ができるコンテンツを
提供しなければ稼ぐことはできません。

 

行動をして貰うためには、
行動したくなるコンテンツが必要になっていきます。
人が行動したくなるためには、
メリットを感じないことには行動はしません。

 

小手先のテクニックやキーワードを意識することよりも、
コンテンツの品質を高めることに時間とエネルギーを投資した方が、
稼ぐことにつながっていきます。
メリットを与えるコンテンツを提供することができれば、
人は行動したくなっていきます。

 

常に読み手を意識しながら、
コンテンツを提供するようにしてください。

 

まとめ

コンテンツをつくる動機が
「相手にメリットを与える」ということから、
つくり始めていかないと、
品質が悪いコンテンツになってしまいます。

 

稼げるようになるコンテンツというのは、
必ず品質が良いのです。
稼ぐことを目的にしていくのですが、
その前にメリットを与えるという目的に集中しないことには、
稼げるコンテンツをつくることはできません。

 

コンテンツの品質というのは、
相手が決めることです。
メリットが伝わるようになれば、
価値があるコンテンツになっていくので、
コンテンツには「これだけ」という答えはないのです。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ