副業で稼ぐことも実はカラクリがあります。



どんな世界でも、どんな業界でも表舞台とは違う裏側があります。芸能人はマスコミや周りがつくり上げるイメージが大きいので、少しでも間違ったことをすると異常に叩かれたりするので、常に完全完璧を求められています。

芸能人も、一般人も同じ人間なので間違うこともあるし、失敗することもあります。ただイメージを完璧につくられてしまい、そのイメージに洗脳されている人が多いので、一つの間違いも許されないようになっているので、芸能人は窮屈な中で生きているのです。

 

どんな世界でも、本音と建前があります。ビジネスにおいても同じで、本音ばかりではどうにもならないので、建前が必要になっていくのです。簡単に言えばどんなビジネスにも「カラクリ」があるということです。売り込むためにテクニックを使うこともあるし、意図的に勘違いさせることもあるのです。本音と建前の両方を見る視点がないと、情報だけに振り回されてしまいます。

 

芸能界の本音と建前の世界観

芸能界は華やかな世界に見えるので、ほとんどの人は華やかな世界でしか考えられないのですが、裏側というのは華やかさと大きなギャップがあるのです。そのギャップは芸能人でないとわからない世界ではあるのですが、どんな業界でも本音と建前があるということです。

 

マスコミによってつくられたイメージが良ければ良いほど、何か間違ったことをすると徹底的に叩かれる業界なのですが、一般人と同じような間違いでも叩かれ方が徹底されています。

 

建前の世界しか見えない人は、本音を見ることができないので、華やかな世界か、最悪の世界かのどちらかしか見えなくなってしまうのです。どんな業界でも本音と建前の両面があるということを、理解する必要があります。

 

ビジネス界の本音と建前

ビジネス界でも本音と建前があります。どんなに優良な企業に見えても、基本は売上を上げることを目標にしています。ビジネスはボランティアではないので、業績を求めていくのは当然のことなのです。

 

表向きは「社会貢献」と謳っていたとしてもそれは建前であって、本音は売上を上げることが目的なのです。実際問題として、売上を上げないことには社会貢献ができないので、
利益を追求するのがビジネスの第一の目的になっていきます。

 

利益を出すために、建前の中で仕掛けることもあるし、カラクリもあるのです。ときにはテクニックを使うこともあって、お客さんを勘違いに導くこともしています。完全完璧のように商品やサービスを見せることもありますが、完全完璧な商品やサービスは存在しないのです。

 

とくに情報業界は、カラクリだらけと言ってもいいくらいです。商品を広告で売ったり、メルマガで売ったり、動画で売ったり、ブログで売ったりと見せ方によって売上が左右されてしまうので、カラクリにならざるを得ない業界でもあるのです。

 

ありのままを見る視点

どんな業界でも本音と建前があるので、ありのままを見れる視点というのが必要になっていきます。芸能界にしても、会社にしても裏事情を詳しく知ることはできないのですが、裏を予測する視点が必要です。

 

会社の裏事情の場合は、「この会社はどのように儲けているのか?」という視点を見ていかないと、会社の本音が見えてこないのです。どんな会社でも存続するためには、お金を儲けないといけないのです。

 

インターネット業界でも、無料で使えるサービスは山ほどあります。無料で使えるので多くの人は会社の下心を考えないのですが、収益をどのように上げているのかを考えていくと、ありのままの視点から見れるようになります。

 

例えば、ブログ、Facebook、YouTubeは、サービスを無料で提供していますが、広告代で利益を出しているのです。ユーザーが増えれば増えるほど、商品を購入する可能性が高くなるので、企業は広告を出したくなるので、その広告代が収益になっているということです。

 

小さなことを気にしないで行動する

どこの企業でも本音と建前、表と裏があるので、個人でビジネスに取り組むときにも、本音と建前、表と裏のような戦略が必要になっていきます。利益を出すためにお客さんを騙すということではないのですが、テクニック的なことで勘違いさせることも必要なのです。

 

小さなことを気にし過ぎると、大胆な行動ができなくなってしまうので、行動を続けることができなくなってしまいます。とくに多いのが、他の人からどのように思われているのかを気にするということです。どのように思われているのかが、気になってしまい行動ができなくなる人が多いのですが、そんなのは小さなことであるのです。

 

稼ぐためには、常識だけを基準にするのではなく、非常識な行動も必要になっていきます。

 

まとめ

どんな世界でも、どんな業界でも裏事情があります。その裏事情が本音であって、建前とは大きなギャップがあるのは当然なのです。他の業界を見ていくときは、表と裏の両面から見る視点が必要であり、ビジネスで稼いでいくためにも、表と裏が必要になっていきます。

 

法を犯してはいけないのですが、常識だけを基準にしては稼ぐことはできないのです。なぜなら稼いでいる人は非常識な行動をしているからです。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ