情報商材で稼ぐ



「情報商材」というと、
以前は大手企業しか販売することができなかったのですが、
今はインターネットの環境があれば、
コストなしで個人でも販売できるようになりました。

 

ネット上で、情報商材を販売する人と、
購入する人が成り立っているので、
実質的には誰でも販売することができます。

 

ただ、今の時代は情報に差がない時代でもあるので、
質の高いコンテンツをつくっていかないと、
販売することは難しいです。

 

すでに、大手企業や有名な人が先駆けて情報商材を販売しているので、
無名の人が販売する場合は創意工夫が必要になっていきます。

 

情報商材の種類

情報商材の種類は、「PDF」「音声」「動画」という
形式で販売されていきます。
いずれにしても、知識の学び方の違いだけであって、
「読むか」「聞くか」「観るか」の違いだけです。

 

商材はパソコン一台あれば、十分作成することができるので、
知識が豊富な人は簡単に商材をつくることができます。

 

ただあくまでも「商材」なので、ボリュームが必要です。
商材によっては数万円になる場合があるので、
お客さんを満足させるためには、商材の質とボリュームが必要です。

 

情報商材は、趣味や得意な分野からでもつくることができます。
単にいい話しを聞いたとか、いい文章を読んだという内容ではなく、
実践ができるような価値が必要になっていきます。

 

実際に活用できる情報商材を作成することができれば、
いくらでも稼げる可能性があります。

 

情報商材で稼ぐ準備と段取り

情報商材で稼ぐための準備は、
「インフォトップ」あるいは「インフォカート」のASPに登録します。
とくに初心者の場合は、大手のASPを活用した方が稼ぎやすいです。

 

その他には、
「ホームページやブログ」「ヤフオク」「メルマガ」「SNS」等の
色々な媒体を活用していきます。

 

ASPは自分のホームページやブログは必要ないのですが、
将来的には自分のサイトで販売ができるように準備をしておいてください。

 

情報商材は、常に進化しているので、
質とボリュームが求められていきますが、
どのような商材が売れるのかはわからないので、
あなたの知識を形にしてみてください。
実際に何が売れるのかは、出してみなければわからないので、
あれこれ考える前に出してみてください。

 

情報商材のつくり方

情報商材をつくるためには、ある程度の知識が必要ですが、
同じ分野の知識と知識をつなげて、
コンテンツをつくっていくというイメージです。

 

そして、情報商材の内容は「具体性」が必要です。
実際にやることを明確にしていくことです。
抽象的なことではなくて「これをこうやる」という、
手取り足取りの内容が必要です。

 

実際に行動するかどうかは、お客さん次第なので、
行動までの責任はありませんが、
具体的でわかりやすいコンテンツをつくっていけば、
価値がある商材をつくることができます。

 

情報商材で稼ぐメリットとデメリット

情報商材で稼ぐメリットは、
自分の得意分野、専門分野の知識を販売することができるので、
通常の本屋等で販売している知識よりも、
濃く、深い知識を提供することができます。

 

好きな分野の知識であるので、
商材を楽しくつくることができるので、
大きな価値を提供することができます。

 

そして、プロ並みの商材をつくることができれば、
大きく稼げる可能性があります。
販売のコストもかからないので、商材をつくることだけに、
集中することができるのです。

 

デメリットは、詐欺商材が多いので、
警戒されやすいということです。
情報商材は買ってみないとわからないので、
お客さんは常に警戒しています。
そして、アフィリエイターも販売のプロなので、
それなりの商材でなければ紹介してくれません。

 

プロ並みの商材をつくることと、
プロに見えるような商材をつくる手間が必要です。
情報商材で稼ぎ続けるためには、
商材の信用度も強くしていく必要があるので、時間もかかります。

 

情報商材で稼ぐコツ

情報商材で稼ぐコツは、ASPの登録をして商材を販売しながら、
同時並行でブログやホームページ、メルマガ、SNSを育てていくことです。

 

とくにブログは毎日更新をして、記事を増やしていきながら、
情報の資産を構築してください。
商材をつくるのは、ブログの記事の延長線上につくるような
イメージでいいのです。

 

ブログで情報発信をしている内容をまとめて、
情報商材として販売していくということです。
「内容がかぶってしまうのではないか」という心配がありますが、
内容はかぶっていいのです。
コンテンツとしての販売であるので、
実際に活用ができる内容であれば、情報に価値があります。

 

自分でつくった商材を、
自分がアフィリエイターとしての販売もできます。
商材を販売するためには、やはり信用が必要になっていくので、
毎日価値がある内容の記事を情報発信して、
信用度を高めてください。

 

まとめ

情報商材は無数に販売されているので、
実際にはライバルが多いので、
埋もれる可能性があります。
とくにASPを活用する場合は、広まりやすい分、
埋もれやすくもなります。

 

情報商材はあなたの商品になっていくので、
商品が増えていけばいくほど、信用度が高まり、
稼げる可能性も高くなります。
そのためには、日々の情報発信の土台が必要です。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ