株式投資で稼ぐ



投資の中で最も王道なのが「株式投資」になっていきます。
株式投資は会社に投資をするということなので、
大きな社会貢献になる投資でもあります。

 

会社というのは、厳密に言えば
「投資家」のモノであります。
日本の企業は投資家によって
支えられていると言っても過言ではありません。

 

投資はギャンブルではありません。
投資をすることで、経済を支えていくという
貢献につながるビジネスになっていきます。

 

とくに株式投資の場合は、
稼ぐという観点と直接の社会貢献という両面があるので、
この両面を踏まえた上で取り組んでいきましょう。

 

株式投資で稼ぐ準備と段取り

株式投資を始めるためには、
口座開設が必要です。

 

おすすめの証券会社は、

「マネックス証券」
「楽天証券」
「SBI証券」

になります。

 

株式投資をする口座開設とは別に、
銀行の口座開設も必要になります。
株式投資はネットで行っていくので、
ネット銀行の口座開設が便利です。

 

おすすめのネット銀行は、

「ジャパネット銀行」
「住信SBIネット銀行」
「楽天銀行」

証券会社と同じ系列の銀行口座もありますが、
口座開設はそれぞれで必要になります。

 

そして、株式投資をするための資金が必要です。
初心者の場合は最低5万円から
10万円程度は準備しておくようにしてください。

 

株式投資の報酬の仕組み

株式投資の報酬の仕組みは、
将来、伸びる見込みのある会社の株を買って、
伸びたところで株を売って、
その差額が報酬になっていきます。

 

ビジネスの基本と同じで、
「安く仕入れて、高く売る」という
仕組みになっています。
ただ株価は常に変動していくので、
先を見越して株を買っていかないと、
損をするというリスクがあります。

 

投資というのは、得をするか、
損をするかのどちらかだけです。
大きなリターンを得るか、
大きなリスクになるのかの
どちらかだけになります。

 

株式投資でコントロールできることは
「いつ買って、いつ売るか」だけなのです。
その他のことは、コントロールができないので、
できることだけに集中して取り組んでいく
必要があります。

 

株の情報収集の方法

株式投資をギャンブル的に行っていては、
長くは続かないので、企業の情報収集をする
必要があります。
企業の株というのは常に生き物ように
変動していますので、情報収集は欠かせません。

 

情報収集の方法は4つあります。

1つ目は「テレビ」になります。
ただテレビの場合は、一方的に情報が流れるだけなので、
欲しい情報を得られる可能性が低くなります。

 

2つ目は「書籍」になります。
会社の情報が詳しく載っているので、
欲しい情報が得られやすいです。

 

3つ目は「インターネット」です。
いまや当たり前の媒体になっていて、
誰でも情報を得られるので、多くの人が利用しています。

 

4つ目は「日本経済新聞」になります。
新聞の媒体も情報は詳しく載っているので、
欲しい情報が得られやすいです。

 

情報収集の方法は、人それぞれでありますが、
情報には何が正解で、何が不正解というのはありません。
情報収集の目的は、投資をして稼ぐための
確率を上げるためであるので、
100%という情報はあり得ないのです。

 

株式投資のメリットとデメリット

株式投資のメリットは、
「株で利益を得る」ということですが、
その他にも「権利を得られる」という
メリットが2つあります。

 

1つ目は「株主の権利」です。
株主の権利には、株が値上がりした場合、
その値上がり分の益を得ることができます。

 

そして、株を持っていると、
配当金が貰えるようにもなります。
さらに株式優待という、他にはない
待遇を受けることができます。

 

2つ目は「会社の経営に参画できる権利」があります。
1株でも持っていたら株主総会での議決権があります。

 

株主は会社を持っているのと同じなので、
会社に対しての権利があるので、
株主によっては、経営に携わる人もいますが、
基本は会社は社長に任せていくのが無難です。

 

株式投資のデメリットは2つあります。

 

1つ目は「投資して損をすること」です。
中には会社が倒産する場合もあるので、
しっかりと投資する会社を選んでいかないと
大損をする可能性があります。

 

どんなに情報収集をしても、
実際の会社の内部までは把握ができないので、
常にデメリットもあるということです。

 

2つ目は「情報収集が欠かせない」ということです。
情報を集めるのが得意な人はいいのですが、
情報を集めるのが苦手な人にとっては、
大きなデメリットになっていきます。

 

集めた情報の中で、
将来を見据えての投資になっていくので、
情報収集と分析力も必要になっていく、
頭脳労働が株式投資です。

 

以上が株式投資のメリットとデメリットになります。

 

まとめ

投資の王道と言われている株式投資ですが、
いつも大きなリターンとリスクの
狭間にある投資になります。

 

基本は他の投資と同じで
「やってみないとわからない」ので
ギャンブル的な側面もありますが、
投資をすることで社会貢献につながる投資であります。

 

稼ぐことはもちろんなのですが、
稼ぐことで貢献ができる投資である
ということです。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ