年齢肌を考えた処方!ビーケーエイジ(B.K.AGE)トライアルセット



年齢肌に悩んでいる人はいませんか?
肌のピリピリ感やカサつき、乾燥などの悩みは、加齢とともに現れる「敏乾燥年齢肌」かもしれません。
敏乾燥年齢肌とは、年齢を重ねて肌が乾燥し、敏感に傾いた肌のことを言い、多くの人がこの悩みをかかえています。

 

ビーケーエイジ(B.K.AGE)トライアルセットは、40年間皮膚薬を作り続けてきた持田製薬グループの持田ヘルスケアのスキンケア商品です。
これまで培ってきた皮膚科学研究の成果と技術が集約され、「肌あれスパイラル」に働きかける新商品です。

 

「コラージュB.K.AGE」は、深いうるおいを与えることで敏乾燥年齢肌へアプローチする基礎化粧品です。
しっかりとうるおった肌は、年齢を重ねてもいつまでも美しく保たれます。

 

女性は年齢を重ねると、自らが作り出す女性ホルモンやセラミド、皮脂やコラーゲン、ヒアルロン酸などの量が減っていきます。
これらの量が減ると肌のバリア機能が低下し、乾燥や紫外線によるダメージを受けやすくなってしまいます。
そしてそのダメージにより水分保持力の低下や肌荒れが起こり、さらに刺激に弱い肌になってしまうのです。
この負のスパイラルをそのままにしておくと、どんどん肌の老化が進みます。

 

コラージュB.K.AGEは、この負のスパイラルに着目し、敏感肌を40年研究し続けてきた製薬会社が開発した基礎化粧品です。
しっかりとしたうるおい対策にこだわり、この負のスパイラルにアプローチしていきます。

 

受け入れがたいですが、加齢とともに、女性ホルモン、セラミド、皮脂、コラーゲン、ヒアルロン酸産生などが低下し、乾燥や紫外線の影響を受けやすい肌になってしまうのが現実です。すると“うるおいが不足し、肌あれを引き起こしやすくなり、さらに乾燥が進み、また肌あれに陥る…”という負のスパイラルに陥ってしまいます。

たしかに若い頃と30代の今では、肌質が変わってきたことは否めません。とりわけ季節の変わり目は肌の不調が続き、なんとなく気分も落ち込みがちです。

そんな時、手に取りたいのが『B.K.AGE(ビーケーエイジ)』。肌あれスパイラルを断ち切るべく、長年の皮膚科学研究の成果と技術をもとに生まれた、大人の女性のためのスキンケアアイテムです。

 

年齢肌にうれしい成分
コラージュB.K.AGEには、肌荒れ防止成分「トラネキサム酸」とうるおい成分「3種のセラミド」・「コラーゲン、ヒアルロン酸」が配合されています。
これらの成分が、うるおいやハリなどの年齢とともに衰えていく機能にアプローチします。

肌にやさしい処方
コラージュB.K.AGEは、防腐剤、アルコール、色素、香料を一切使用していません。
また低刺激性で、パッチテストやノンコメドジェニックテスト、スティンギングテスト(刺激感の有無を確認するテスト)を行なっている肌へのやさしさを追求した商品です。

簡単ケア
コラージュB.K.AGEは、①化粧水②乳液またはクリームの簡単ケアです。
刺激に弱いデリケートな肌の人にもうれしい、2ステップでスキンケアが完了します。

 

 

40代。肌の調子に違和感。

 

トライアルセットの内容は・・・

薬用保湿化粧水(とてもしっとりタイプ)30ml

薬用保湿乳液 20ml

薬用保湿クリーム 8g

の3点です。

 

コラージュB.K.AGEの有効成分

トラネキサム酸:肌荒れを防止します。
ラウロイルグルタミン酸ジ:肌を保湿します。
コメヌカスフィンゴ糖脂質:肌を保湿します。
セラミド2:肌を保湿します。
サクシニルアテロコラーゲン液:肌にうるおいを与えます。
ヒアルロン酸ナトリウム:肌にうるおいを与えます。
酢酸トコフェロール:肌を正常に整えます。
スクワラン:肌を保護します。
ホホバ油:肌を保護します。

心ときめくピンク色の箱を開けると、中には3種類のアイテムです。「2ステップなのに3種類?」とはてなマークが浮かびましたが、説明を読んで納得です。化粧水のほかに乳液とクリームが両方ついており、お好みでどちらかを選ぶことができるのです。もちろん、よりしっとり感を求める場合には乳液とクリームを両方使ってもOKです。

肌との相性を確かめられるだけでなく、自分に合ったケア方法を実際に試して選択できるというのは、とてもありがたいです。

 

・肌あれを防止するトラネキサム酸

・肌の潤いを保つ3種類のセラミド、コラーゲン
ヒアルロン酸

・低刺激、無色素、無香料、無添加

などなど、徹底して肌への刺激が少ない成分となっています。
敏感肌の方でも安心して使用できます。

 

敏乾燥年齢肌特有の

「エイジングの悩み」
「敏感の悩み」
「抗乾燥・肌あれ処方」

で賢くケアしてくれます。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ