コンテンツ作りで重要なポイント



今はインターネットで検索をすれば、
出てこない情報がないくらいに、
情報が無数に溢れています。

 

ただいくら情報が多くても、
実際に活用できなければ、
情報の価値を感じることはできません。

 

情報を活用できるようにするために、
「コンテンツ」が必要になっていきます。
一つの情報を深く掘り下げて、
まとめることで価値があるコンテンツをつくることができます。

 

コンテンツをつくることで、
価値を提供することができるようになります。

 

わかりやすくて実践ができそうなコンテンツをつくる

コンテンツをつくるにあたって、
難しいコンテンツをつくっても意味がありません。
コンテンツの目的は実際に活用してもらうことです。

 

価値があるコンテンツというのは、
やることが具体的になっていることです。
「これをやる」というのが明確になっているので、
お客さんに実践してもらえるようになるのです。

 

具体的にやることが明確になっているコンテンツというのは、
非常にわかりやすくなっています。
わかりやすいので、実践がしやすいし、
実践ができそうな気になっていきます。

 

コンテンツをつくる際に、
実践が全くできないという前提からつくり始めることで、
より価値があるコンテンツになっていきます。

 

お客さんがいくらコンテンツを入手しても、
具体的な実践ができなければ意味がないのです。
多くのコンテンツは、実践のハードルは高いので、
実践が難しいコンテンツになっています。

 

コンテンツを提供する対象にもよるのですが、
どの層の顧客を意識してつくるのかも
重要なポイントになっていきます。

 

行動を促すコンテンツをつくる

行動を促すコンテンツをつくるためには、
提供する対象を明確にすることです。

 

顧客が会社であれば、
実践をするのはそんなに難しくはありません。
具体的に何をするのかをコンテンツによって見い出す
ヒントが得られやすいのです。

 

顧客が一般の人である場合のコンテンツというのは、
実践のハードルを下げていかないと、
行動を促すことができないのです。
限りなくハードルを下げることで、
行動を促すコンテンツをつくることができます。

 

よく「顧客層を明確にする」ということが言われていますが、
どのような顧客かによってコンテンツの内容も変わってくるから、
顧客を明確にしないと価値があるコンテンツをつくることが
できなくなってしまいます。

 

行動ができるコンテンツをつくることが、
価値があるコンテンツになっていくということです。

 

知識を学びながらコンテンツをつくる

コンテンツをつくるためには、
ある程度の知識が必要になっていきます。
ただ忙しい人にとっては、
知識を学ぶ時間を確保するのが簡単ではありません。

 

知識を学ぶときの意識が
「コンテンツをつくるために学ぶ」という意識であれば、
効率よく学ぶことができます。
具体的な知識だけではなく、
今の環境の中でも気づくことができれば、
コンテンツの材料にすることができます。

 

知識を学びながらコンテンツづくりができれば、
効率よく旬のコンテンツをつくることができるので
「学びながらコンテンツをつくる」という意識が必要です。

 

コンテンツの本質の価値とは何か?

コンテンツの本質というのは、
顧客に行動をしてもらうことです。
コンテンツの提供の方法は
「電子書籍」「YouTube」「インフォトップ」等の
媒体を活用することができますが、
どのような方法であったとしても、
行動をしてもらえれば価値を提供していることになります。

 

この本質を根底においてコンテンツをつくることで、
価値があるコンテンツを提供することができます。
この本質を土台にコンテンツをつくるようにしてください。

 

行動をしてもらうコンテンツというのは、
具体的に実践できるような内容になっていきます。
抽象的なことではなく、
何をするのかが明確になっているので、
実践がしやすいのです。

 

このようなコンテンツをつくるためには、
現状把握をしっかりとしながら、
現状から行動ができるように導けるプロセスも必要になっていきます。

 

コンテンツをつくる土台づくり

コンテンツをつくる土台というのは、
普段からブログやSNSやYouTubeで
情報発信をしていくことで、
土台ができていきます。

 

情報発信をしている内容をまとめていけば、
コンテンツになっていきます。
ブログ等で情報発信をすることで、
コンテンツをつくるスキルも身についていくので、
より価値があるコンテンツをつくることができます。

 

まとめ

今の時代は誰でも瞬時に情報が得られる時代なので、
情報には価値がないのです。
ただその情報をまとめたコンテンツには大きな価値があります。

 

そしてそのコンテンツによって、
具体的な実践ができるようになれば、
より価値が高いコンテンツになっていきます。

 

コンテンツをつくるときのポイント中のポイントは、
「顧客の行動を促す」ということです。
このポイントさえ抑えておけば、
コンテンツをつくることはそう難しいことではありません。

 

楽しみながら、高いモチベーションで、
コンテンツをつくることができれば、
より価値があるコンテンツを仕上げることができます。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ