ネットビジネスが好きかどうか?



ネットビジネスでが続けられるかどうかは、そもそもネットビジネスが本当に好きかどうかなのです。ただみんなやっているからとか、楽に稼げそうであるからという理由で始めれば、必ず挫折します。

 

どんなに意志が強い人でも、好きなことでなければ耐えられないのです。サラリーマンであれば、やる気がなくても会社に行ってしまえば、仕事をやるしかない環境なので、苦痛でも耐えられるのです。なぜなら会社という環境に管理されているからです。

ネットビジネスの場合は、基本は自己管理です。仕事と言えども、辛い仕事を自己管理でやるというのには耐えられる人は、まずいません。好きな仕事であるから辛いことがあっても耐えることができるのです。

 

好きなことでないと続けられない

自己管理でネットビジネスを取り組む場合、好きなことでなければ続けることはできません。気合が足りない、根性が足りないということではなく、誰でも続けられないのです。

 

多くの人がネットビジネスに参入しては、消えるということを繰り返しています。なのでネットビジネスの業界ほど出入りが激しい業界はないのです。

 

「稼げるから参入した」という動機の人は、続いていません。苦痛を感じてまで稼ごうとする人はいないのです。稼いでいる人は無意識に行動をしているので、行動しないことの方が苦痛なのです。なぜなら、ネットビジネスが大好きだからです。

 

ネットビジネスが好きな人は、記事を書くのは苦痛ではないし、書かないと落ち着かないのです。コンテンツをつくるのも苦痛ではないし、つくらないと落ち着かないのです。記事を書かないといけない、コンテンツをつくらないといけないという思いは一切なく、書かないこと、つくらないことの方が苦痛なのです。

 

人が本当に好きなことに取り組んだら、仕事という感覚を越えて、仕事が快感になってしまうのです。

 

稼ぐのが好きかどうか?

稼いでいる人というのは、稼ぐのが大好きなのです。稼いで何をするというのはないのですが、とにかく稼ぐのが好きなのです。

 

稼いでいる数字を見て、快の気持ちを感じるのです。稼ぐのが好きな人はいくら稼いでも稼ぎたいのです。少しでも数字が落ちると気持ちが悪いのです。

 

多くの人は「稼ぐ」というと、何か後ろめたさを感じるのですが、稼いでいる人は稼ぐことに喜びを感じているので、何の後ろめたさはないのです。お金が欲しいから、お金が必要だから稼ぎたいというのではなく、とにかく稼ぐことが好きだということです。

 

稼ぐのが好きな人は、仕事に没頭することができます。ネットビジネスに没頭して、没頭していたらいつの間にか稼いでいたという感覚なのです。

 

仕事をやらない苦痛を感じているか

サラリーマンの場合は「仕事をやる苦痛」を感じている人が多いのです。稼いでいる人は「仕事をやらない苦痛」を感じているのです。

 

ネットビジネスでも同じで、作業をする苦痛を感じているか、作業をしない苦痛を感じているかなのです。作業をしない苦痛を感じている人は、ネットビジネスが好きなので、没頭していけば、稼げるようになるのは時間の問題です。

 

人は好きなことばかりを考えていきたいのです。ネットビジネスが好きな人は、四六時中、ネットビジネスのことを考えています。「もっとこうしよう、あのようにしてみよう」と無意識に考えているので、ネットビジネスのことを忘れることができないのです。

 

ネットビジネスを辞めるというのは考えられないし、記事を書かない、コンテンツをつくらないというのも考えられないのです。「そこまでの境地に行くのか」という疑問を持つ人もいますが、人が好きなことに取り組んだ場合、何があっても辞められない境地に至ることができるのです。

 

欲とお金だけの意識の人が挫折する

ネットビジネスで挫折した多くの人は、「お金を稼ぎたい」という欲だけであったので挫折したのです。お金を稼ぎたい欲自体は必要なことなのですが、何で稼ぐということが好きなことでなければ挫折するのです。

 

お金を稼ぐのであれば、必ず稼ぐ作業が必要です。何もしないで稼ぐことはできないのです。その作業が喜びであったり、快感であったりすれば、完全に没頭することができるので、無意識に稼ぐことができるのです。

 

ただ「お金が欲しい」という動機だけで、ネットビジネスに取り組んでも長くは続けられないのです。一時的には続けることができたとしても、途中で挫折してしまうのです。

 

お金を稼ぐという動機の前に、好きなことに没頭することで、結果として好きなことで稼げるようになるということです。

 

サラリーマンには理解できない

好きなことに没頭して稼ぐというのは、サラリーマン感覚の人には理解できません。なぜなら「仕事=苦痛」という考え方であるからです。

 

人が没頭できることというのは好きなことだけです。好きなことというのはゲーム感覚でできるので、夢中になれるのです。稼ぐことも夢中になれるので、行動しないことが苦痛に感じてしまうのです。

 

ネットビジネスに没頭している人は、サラリーマンのように「何曜日は休み」ということとは考えないのです。休みなんかはいらないし、好きなことなので曜日に関係なく没頭することができるのです。

 

まとめ

ネットビジネスで稼ぐためには、ネットビジネスが好きかどうかを自問自答してみる必要があります。好きなことであれば、寝食を忘れて没頭することができますが、仕事として感じているのであれば、続けることが難しくなります。

 

ネットビジネスに限らず、稼いでいる人というのは、好きなことに没頭していて、好きなことしか考えていないのです。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ