ネットビジネスで大金を稼ぐには仕掛ける側にまわる



大金を稼ぐためには「仕掛け」が必要になっていきます。

 

仕掛けというと「騙すこと」ではないのかと、
何となく後ろめたさを感じる人がいますが、
仕掛けと騙しは全く違います。

 

良い商品やサービスを持っていても、稼げない人は多くいます。
逆に大した商品やサービスでなくても、
大金を稼いでいる人もいるのです。
この違いを理解していかないと、稼ぐことができないのです。

 

稼ぐために「仕掛られる側」ではなく、
「仕掛ける側」にならない限り、
いつまでも稼ぐことができないのです。

 

仕掛けとは稼ぐための見せ方

仕掛けというのは、
稼ぐための見せ方になります。

 

たとえば、商品には必ずパッケージというのがあります。
人はパッケージが欲しいのではなく、
中身の商品が欲しいのですが、中身を判断するためには、
パッケージで判断するのです。

 

パッケージが高級に見えると、
中身も高級に思えてくるのです。
これはどの商品であっても、
必ず戦略的に仕掛けているということです。
人が物やサービスを買う時は、
一瞬の判断なのです。

 

稼ぐためには見せ方の工夫が必要で、
見せ方の工夫ができるようになれば、
大金を稼ぐことができるようになります。

 

あなたの商品やサービスが、
どんなに優れていたとしても、
購入してもらわないことには、
価値を提供することはできません。

 

購入してもらって中身を見てもらうことで、
初めて価値を提供することができるのです。

 

仕掛けというのは、単に稼ぐためだけではなく、
お客さんにもメリットを与えるために必要だということです。

 

ビジネスの仕掛けのノウハウ

成功している企業や個人は、
仕掛けのノウハウを使っています。

 

商品やサービスの見せ方のノウハウを使っています。

 

見せ方のノウハウというのは
「デザイン」になっていきます。
デザインのノウハウは「デザイン思考」の知識が
必要になっていきます。
そしてデザインに対しての研究も必要になっていきます。

 

デザインというと、
芸術家やWebデザインをやっている人だけに必要だと思われがちですが、
ビジネスの仕掛けにも必要なのです。
デザインが良ければ、人は物を買うようになるのです。

 

「デザイン思考」を身につけるためには、
売れている商品を「分解して見る」ことで
身につけることができます。

 

「どんな色か」「どんな形をしているか」
「どんな配置であるか」「どんな文字や写真を使っているか」という、
分解してみることでデザイン思考を身につけることができます。

 

仕掛けに対するマインドセット

仕掛けに対してのマインドセットは
「お客さんのために仕掛ける」ということです。
あなたの商品やサービスを購入しないと、
お客さんが損をするということです。

 

あなたにとっては買ってもらうために仕掛けるのですが、
お客さんにとっては価値を購入するために
仕掛けられないといけないのです。

 

何の仕掛けもなしに、商品やサービスが売れれば何の問題もないのですが、
仕掛けをしないことには売れない時代なので、
どうしても仕掛けが必要なのです。

 

仕掛けは商品やサービスを売る側にも必要で、
買う側にも必要なのです。
双方にとって仕掛けが必要であるということを
覚えておいてください。

 

仕掛けと騙しの違い

仕掛けと騙しというのは、全く違います。

 

騙しというのは、価値がないものを高額で売ることです。
仕掛けというのは価値があるものを購入してもらうことです。

 

この違いをハッキリしておかないと、
「仕掛け=騙し」となってしまい、
仕掛けに対する抵抗感が出てきてしまいます。
この抵抗感があっては、稼ぐことはできません。

 

自分の商品やサービスに自信を持つことと、
自信が持てるように努力をすることで、
仕掛けに対する抵抗感が小さくなっていきます。
その抵抗感が小さくなればなるほど、
良いデザイン思考になっていくので、
結果として稼げるような仕掛けをつくることが
できるようになります。

 

仕掛けは騙すことではなく、
お客さんに価値を提供するために
必要なノウハウであります。

 

仕掛ける側にまわるスキル

仕掛ける側にまわるためには、
常に「ビジネス思考」が必要です。
先の「デザイン思考」も必要なのですが、
「この企業はどこで儲けているのか」ということを、
いつも研究する思考が必要です。

 

たとえば、インターネットのサービスは
ほとんど無料で使えます。
ブログにしても、SNSにしても、YouTubeにしても全て無料で使えます。
ただ企業としては売上を上げなければ
会社を存続することができないので、
広告で儲けているということです。

 

広告を出すことで、
成り立っているのがインターネット業界であるのです。

 

仕掛ける側にまわるというのは、
売り手の側にまわるということです。
「どのように収益を上げているのか」という、思考をすることで、
仕掛けるために必要なスキルがわかるようになっていきます。

 

まとめ

大金を稼ぐためには、
仕掛けるスキルというのが必須になっていきます。
あなたの商品やサービスを多くの人に提供するためには、
仕掛けるスキルがなければ、価値を提供することができません。

 

仕掛けるための研究と、仕掛けるためのスキルを磨いていくことで、
価値を提供することができるので、
結果として稼ぐことができるようになります。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ