ネットビジネスで成功するため完璧を求めると失敗する理由



ビジネスを取り組むに際して、おおざっぱ過ぎるのも困るのですが、
完璧を求め過ぎて身動きができないのも困るのです。

 

ビジネスというのは、
全てを完全完璧に結果を出すことはできません。
結果を出す確率を上げることはできるのですが、
その確率も外れることがあります。

 

どんなに大手企業であっても、
全てが成功しているのではなく、
数々の失敗があり、その失敗から改善をしながら、
成功に結び付いています。

 

ビジネスに百発百中はあり得ません。
多くの行動をしながら、
成功する確率を上げることを繰り返していきながら、
一つの商品やサービスが大ヒットすることがあるので、
完全完璧を求めるよりは、多くの行動をすることを意識してください。

 

完璧を求めすぎて行動ができなくなる

ビジネスの成功の秘訣は、行動することです。
行動しないことには、何も起こらないし、
何も実ることはありません。

 

完璧を求める人は、完璧の基準すらわかっていません。
どこまでが完璧であるのかもわかっていないので、
漠然とした完璧を求めているのです。

 

そして「今、学んでいます」「今、考えています」と言いながら、
行動をしないのです。
当然、行動をしないので何事も成させることはありません。

 

ビジネスの知識を学ぶことは必要なことですが、
行動するために学んでいるのであって、
学んだことを実際に活用できなければ学んでも
意味がないのです。

 

完璧を求めすぎて失敗する人は、
「行動ができない」という大きな失敗をしています。
行動した結果がどうであるかではなく、
行動ができていないことが失敗であるということです。

 

多くの行動をしても、結果が出ない場合がありますが、
行動することで結果を出す確率を上げることができるのです。
ビジネスは行動することでしか、
成功に辿りつくことはありません。

 

完璧の基準には誰も辿りつかない

完璧の基準というのは、誰もわからないし、
誰も辿りついたことがないのです。
全てのことには必ず、メリットとデメリットがあります。
メリットだけの商品やサービスはあり得ないのです。

 

どんなに多くの知識を学んでも、
完全完璧の知識はありません。
ノウハウコレクターに陥る人は、
完全完璧の知識を求めすぎて陥るのですが、
どんなに完璧に見えるような知識であっても
完璧ではないのです。

 

完璧の基準には辿りつかないので、
辿りつかない基準を求めて行動ができないのは、
時間の無駄になります。
それよりはわずかな行動を始めた方が、
結果を出す確率を上げることができるのです。

 

行動というのは、完璧になってから
行動するのではありません。
行動をしながら試行錯誤することで、
改善ができるようになり、より大きな価値を
生み出すことができるのです。

 

ビジネスというのは、常に試行錯誤をしながら、
改善をしながら、より価値がある商品やサービスを
生み出すことができるのです。

 

完璧なビジネスは世の中に存在しない

大手企業や大成功している人をみると、
全てが完璧のように見えるのですが、
一つの商品がヒットするまでには、
多くの失敗があります。

 

多くの商品を開発して、
多くの商品を出しても売れないことは
いくらでもあるのです。

 

とくに今の時代は、
「出してみないとわからない」という時代です。
何がヒットするのかがわからない市場になっているので、
完璧を求めるよりは、
市場に出すことで答えがわかる時代なのです。

 

完璧を求める人は、自分なりの解釈での完璧であるので、
いつまでも完璧になることはありません。
市場に出していくことでしか、
良い商品であるのかがわからない時代なので、
完璧を目指すよりは、「市場に出してみる」
という行動をするようにしてください。

 

行動しながら完璧の方向に向かう

どんなことでも行動しないことには、
何も進まないし、何事も成すことはできません。
行動をすることで、何が必要であるのかが見えてくるのです。

 

行動をすることで、必要な知識が見えてきたり、
必要なスキルが見えてくるようになります。
知識やスキルを身につけることで、
本当の意味で完璧の方向に向かうことができるのです。

 

行動をしない人が完璧を求めるというのは
あり得ないのです。
なぜなら、完璧の基準を本当の意味で
理解ができていないからです。

 

人は行動をして、上手くいかないことがあれば、
自然に改善するようになります。
行動して結果が出ないことで改善したくなるので、
より完璧の方向に向かうことができるようになります。

 

完璧を求めるのであれば、
行動をしながら完璧を求めていきましょう。

 

まとめ

完璧になってから、
行動を始めたいというのを多くの人思っているのですが、
どんな企業でも、どんな人でも最初から完璧な状態で
始めたのではないのです。

 

限られた環境の中で、限られた知識の中で、
限られた資源の中でビジネスを始めています。
「何々があったら行動する」という人は
いつまで経っても行動することはできないのです。

 

今の環境の中で行動することで、
完璧の方向に向かうことができるようになります。

 

ネットビジネスで成功したいがために
完璧を求めすぎて行動に至っていない人が
多いのではないでしょうか?



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ