バナーを貼るだけではアフィリエイト報酬は得られません。



アフィリエイトの作業というのは、バナーを貼ることなのですが、バナーを貼るだけで稼げるようにはならないのです。

 

アフィリエイトを理解していない人は、お客さんを広告で引っかけるようなイメージで取り組んでいますが、広告というのは、引っかけるものでも、騙すものでもないのです。文字通り「広く告げる」ということです。

アフィリエイトは広く告げながら、セールスも行っていくことです。セールスとして理解していかないと、アフィリエイトで稼ぐことはできないのです。

 

アフィリエイターはセールスマンである

アフィリエイトは商品を紹介して、商品が売れたときに紹介料が報酬になるという仕組みになっています。商品を紹介するということは、セールスするということでもあります。

 

アフィリエイトの種類は、「PPC」「ブログ」「メルマガ」「YouTube」「SNS」等のアフィリエイトがありますが、どれもアフィリエイトの基本は変わりません。つまりセールスをするという基本は変わらないのです。

 

例えば、リアルでセールスをしていく場合、セールスの基本トークをしていくのですが、ネットビジネスの場合、文章がセールストークの代わりになります。リアルの場合は同じことを何度もトークしていくのですが、ネットビジネスの場合は、1つの文章で完結するので、とても効率がいいのです。

 

ただあくまでもセールスなので、セールスの文章を書けるスキルも必要になっていきます。アフィリエイトをセールスとして取り組んでいくことで、ネットビジネスの基礎も身につけることができます。

 

セールスのスキルを学ぶ

セールスの基礎は、「お客さんに商品を紹介する」ということです。そして商品をわかりやすく紹介するということです。この基礎からセールスを学んでいくことで、セールスを理解することができます。

 

セールスマンというのは、基本的なこと伝えるというのは共通していますが、伝え方は人によって違います。これをネットビジネスでいえば、他の人と同じセールスレターは書けないということです。

 

同じ商品を紹介するとしても、人によって伝え方が変わります。伝える内容は同じであったとしても、紹介の方法が違うということです。

 

セールスの基礎を学びながら、実践を通してセールスのスキルを身につけていく必要があります。アフィリエイトでセールスをする場合、記事に対しての反応率が一つの目安になっていきます。

 

常にセールスの方法を改善していきながら、セールスのスキルを身につけることを意識してみてください。セールスは難しいことではありません。基礎を学んでいくことで、あとはどうにでも応用ができるようになります。

 

商人思考を身につける

セールスの基礎を学ぶことと、商人としての思考(考え方)も必要です。アフィリエイトは、他の人の商品を紹介することです。リアルの店でいえば、商品を仕入れて、お客さんに売るということと何も変わらないのです。

 

リアルかネットの違いだけであって、商人としての考え方は同じなのです。商人思考は「物を売る」という感覚が必要です。商売をしたことがない人は、この感覚がわからないのですが、実践を積み重ねることで身につけることができます。

 

どんなアフィリエイターであっても、全ての商品が売れるのではありません。有名なアフィリエイターだと、毎回成功しているように見えるのですが、売れないときは売れないのです。

 

ただ売れない経験を通して、改善をしたり、工夫をしていくことで、商人としてのスキルも身についていくのです。「物を売る」という思考から商人思考が身についていきます。

 

物が売れる人の強み

今後、物が売れる人、サービスを紹介できる人が大きな強みを持つことができます。商品をつくる人も必要なのですが、商品が売れる人があまりにも不足しているのです。

 

とくにインターネット業界は、アフィリエイターが不足しています。アフィリエイトを始める人は多いのですが、実際に売ることができている人は、あまりにも少ないのです。

 

アフィリエイトで稼げている人は5%弱です。20人のセールスマンのうち、1人しか売れていないということなのです。稼げるアフィリエイターが不足しているので、ネットビジネスに対しての認知度も低いのです。

 

ネットビジネスで稼げるスキルを身につけることができれば、リアルにも応用することができます。なぜならセールスの基本は同じだからです。実際にはネットビジネスの方が難しい部分もあります。インターネット上なので、相手が見えるようで見えないので、信用信頼されるまでに時間がかかります。見えない情報空間の中でのセールスなのでスキルが必要になっていくのです。

 

ネットビジネスで稼げるようになれば、セールススキルが身についていくので大きな強みになっていきます。

まとめ

ネットビジネスで失敗する人は、バナーやコピペで稼げると思い込んでいる人です。バナーやコピペで稼げた時期はありましたが、今のネットビジネスの業界ではほぼ無理なことです。

 

バナーやコピペの作業を無数にしていくのであれば、セールスを学んで実践を繰り返していくことの方が、稼げるスキルを身につける近道でもあります。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ