勝ち組と負け組の違い



よく「負け組」「勝ち組」と分けて考える風潮がありますが、
簡単に言えば負け組の人は行動しなかったのであり、
勝ち組の人は圧倒的な行動をした人だということです。

 

何も行動をしなくて、偶然「勝ち組」になることはありません。
行動しても負けることはありますが、
行動しない人が勝ち組になることはあり得ないのです。

 

勝ち組の人は大きなリスクをとっているし、
投資の度合いが違います。
出し切れることの全てを出し切っているので、
他の人に勝つことができるのです。

 

勝ち組になる人は、
元々何かがあって勝ち組になるのではありません。
誰よりも投資することで、勝ち組になったのです。
なので誰でも勝ち組になれる可能性はあるということです。

 

「リスク=リターン」を理解する

勝ち組の人は間違いなく大きなリスクをとっています。
そのリスクは、
時間であったり、資金であったり、労力であったりと
最大限の投資をしています。

 

大きなリターンを得たければ、
大きなリスクが必要なのです。
リスクとリターンというのは、
常につり合っているのです。

 

リスクとリターンを理解している人は、
敢えてリスクを取る戦略を立てるのです。
最初にリスクを取ることで、
リターンを得ることができるのです。

 

なので、時間にしても、資金にしても、労力にしても
リターンを得る前に投資をしていかないと、
得ることはできないのです。

 

投資することでしか未来は変えられない

今の現状から未来を変えるためには、
未来を変える原因が必要です。
未来を変えていくためには、
先に投資が必要なのです。
投資をすることでしか
未来を変えることはできないのです。

 

勝ち組の人は先に投資をしていきます。
負け組の人は先にリターンを受けようとします。
全く逆の方向なので、勝ち負けにハッキリ分かれるのです。

 

人によって投資ができることが違うのですが、
時間の投資でも、資金の投資でも、労力の投資でも
必ずリターンを得ることができるのです。

 

負け組の人はリターンだけを得たいと思っているので、
受け取る心配ばかりをしています。
勝ち組の人の心配が投資ができるかどうかを
心配しているのです。

 

常に投資をすることだけを考えている人は、
リターンを得る心配はないのです。
なぜなら投資することで未来が確実に変わるということを
知っているからです。

 

やることとやらないことを決める

勝ち組の人というの、意外にシンプルなのです。
やることとやらないことをハッキリ決まっています。
つまり決断をしているということです。

 

「決断」というのは、「決めて断ち切る」ということです。
やることとやらないことを決めているということです。

 

負け組の人というのは、あれもこれもと手をつけて
全てが中途半端になってしまうのです。
全てを受けようとしてしまうので、
結果として中途半端なことしか受けることができないのです。

 

シンプルにやることとやらないことを決めていくと、
やることに集中することができるので、
投資の質が変わってきます。
投資の質が変わることで、
同じことをやっても結果が大きく変わってくるのです。

 

シンプルに投資ができるようになるためにも、
やること、やらないことをしっかりと決めてください。

 

毎日、限界まで行動し切る

勝ち組の人は、毎日、限界まで行動しています。
負け組の人は、気持ちに左右されているので、
行動したり、行動しなかったりと一つのことも続かないのです。

 

毎日、限界まで行動するというのは、
言葉では簡単なのですが、実際問題として
簡単なことではありません。
いくら勝ち組の人であっても、
気持ちが乗らないこともあるし、
周りの環境の影響を受けることもあります。

 

それでも限界まで行動することができるのが、
勝ち組の人なのです。

 

気持ちの面や、環境の影響の面で制限があっても、
その制限を利用して行動ができるのです。
限界まで行動したら、大きなリターンが得られるということを
感覚的に知っているのです。

 

競争に勝つという意志力

競争というと他のライバルとの競争をイメージするのですが、
本当の競争というのは自分の意志との競争なのです。
他の人と比べての競争ではなく、
自分の意志の強さとの競争なのです。

 

誰よりも時間や資金や労力を投資することができれば、
間違いなく勝ち組になれるのですが、
最終的な闘いは自分の内面との闘いになります。
他の人がどうであるかではなく、自分の内面の葛藤との闘いになり、
その闘いに勝った人が勝ち組になれるのです。

 

まとめ

勝ち組の人、負け組の人の考え方というのは、
全く逆の考え方です。

 

勝ち組の人は、常に投資することを考えていて、
負け組の人は、常に受け取ることを考えています。
勝ち組の人になりたいのであれば、
シンプルに投資することだけを考えれば、
勝ち組になることができるのです。

 

「勝つ」というのは、簡単には勝てないのです。
投資して、努力をしても簡単に勝てないのです。
勝つための行動は中途半端では勝てないのです。

 

全てを投資して限界まで出し切っていくことで、
未来を変えることができる勝ち組になることができるのです。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ