気持ちも体もスッキリさせる「ドクターベジフル青汁」



ドクターベジフル青汁は、たくさんの野菜の栄養が凝縮された青汁として人気があります。

21種類もの九州産野菜を凝縮した、完全無添加の美味しい青汁です。ご自身やご家族の野菜不足改善やエイジングケア、便秘解消や美肌など嬉しい効果がご実感いただけます。

ドクターベジフル青汁は、国産野菜がたくさん使われていることもお勧めポイントの1つです。
原材料はすべて安心の国産。
九州産です。

 

ドクターベジフル青汁

 

特徴

生産者の顔がわかる九州産野菜100%
たった1杯で21種類の野菜が摂取できる
低温乾燥だから、酵素が生きている
良質なたんぱく質も同時に摂取できる
無添加で、誰でもが飲みやすい味を追求している
残留農薬が「0」の安心感がうれしい

野菜のプロが本気で作っているからこそ、信頼のおける契約農家から九州産野菜を100%を使って生産がされています。

野菜不足の人は多いのですが、たった1杯で21種類の野菜を摂取できるのは、野菜不足の解消にも役立ちます。

ドクターベジフル青汁は粉にする際に低温乾燥で行っているから、酵素が生きています。酵素は熱に弱い性質があるので、低温での作業でないと意味がありません。

三大栄養素の中でも糖質、脂質は摂取できても、不足しやすいたんぱく質。たんぱく質も量だけでなく良質なものがたっぷりと含まれています。同時に摂取ができます。

添加物を含まずに無添加ですので、老若男女おいしく飲むことができます。年齢制限はありません。

ドクターベジフル青汁の生産は厚生労働省が厳正な審査で品質基準の満たした工場だけに認可される、GMP認定工場で生産されています。

野菜というと農薬が気になりますが、残留農薬が徹底的にチェックされ、174項目全て残留農薬が不検出、つまり残留農薬はありません。

どなたも安心して飲むことができます。

日本人のほとんどが1日に必要な野菜を摂取できていない

「従来の青汁と比べて飲みやすいのは分かったけど、そもそも青汁を飲んでまで野菜を補う必要はあるの?」と思われる方もいらっしゃると思います。

そもそも1日でどれくらい野菜を摂取する必要があるか気になりますよね。

これについては厚生労働省が推奨している、「1日に必要な野菜の量は350g以上」という基準が参考になります。

1日350g以上と言われてもピンと来ないかもしれないですが、イメージ的には定食でついてくる小鉢に含まれる野菜が約70gなので、小鉢5皿分に相当する量です。

要するに、1日3食きちんと食べている場合なら、毎食小鉢2つ分は食べていないと野菜不足と言う感じですね。

こう考えるとほとんどの日本人が野菜不足であることは間違えないでしょう。

野菜不足は様々な健康リスクを誘発しますが、

・便秘になりやすい
・イライラしやすい
・貧血になりやすい

といった日常生活に支障が出るものも多いです。

また野菜をきっちり摂取しておくことによって、

・老化や大腸がんを抑制出来る
・高血圧や心臓病のリスクを軽減できる
・腸内環境の正常化や長寿の効果

といった効果が期待できるので、健康を気にされるのであれば、まず最初に野菜不足から解消すべきだとも言えるのです。

 

 

 

ドクターベジフル青汁の成分

21種類の野菜

1.大麦若葉
大麦若葉はビタミンA・Cが豊富で、何より「カルシウム」「カリウム」「亜鉛」「銅」「マグネシウム」「鉄」などのミネラルをたくさん含みます。

さらに、SOD(活性酸素分解酵素)という抗酸化作用も注目されています。

大麦若葉は高い免疫力アップ効果を期待できます。

2.トマト
トマトに含まれる栄養素と言えば「リコピン」が有名ですね。この「リコピン」はカルテノイドと呼ばれる成分の一種でして、とても高い抗酸化作用が特徴です。

それだけでなく、トマトにはビタミンA・C・Eなどの栄養素も多く含まれます。

トマトは免疫力を高める食べ物として外せません。

3.キャベツ
キャベツ特有のビタミンU「キャベジン」やビタミンCを多く含んでいます。ビタミンCの抗酸化作用に加え、「キャベジン」の抗潰瘍作用による胃腸を守る効果もあります。

それだけでなく、腸内環境を整える食物繊維も豊富です。

キャベツは免疫力を高める食べ物としてトップクラスの性能を誇ります。

4.ごぼう
ごぼうは食物繊維が豊富な食べ物として有名です。

不溶性食物繊維の「セルロース」「リグニン」、水溶性食物繊維の「イヌリン」を一緒に摂ることができます。

ごぼうは整腸作用による免疫システムの活性化を期待できます。

5.ニンジン
ニンジンはビタミンAが豊富で、ミネラルの「カリウム」もたくさん含んでいます。

それに、根菜ということで、食物繊維も豊富です。

ニンジンも免疫力を高める効果が大きい食べ物です。

6.ピーマン
ピーマンは栄養価が高く、「カロテン」というカルテノイドの一種や、ビタミンCが豊富です。

ピーマンも免疫力を高める効果が期待できる食べ物です。

7.小松菜
小松菜はとても栄養価の高い野菜で、ビタミン類はもちろん、「カルシウム」「鉄分」といったミネラルをたくさん含んでいます。

8.レタス
レタスも様々な栄養素を持ったバランスの良い野菜で、ビタミンA・C・Eに、ミネラルの「カリウム」、食物繊維などを豊富に含みます。

9.アスパラガス
アスパラガスは独特な栄養素を持った優れた野菜で、ビタミンB群の1つである「葉酸」、ポリフェノールの一種である「ルチン」などが豊富です。

それに、「アスパラギン酸」というエネルギー源として最も利用されやすいアミノ酸も含みます。

10.カボチャ
11.さつまいも
12.紫いも
13.ケール
14.ほうれん草
15.桑の葉
16.サニーレタス
17.グリーンリーフ
18.チンゲン菜
19.春菊
20.パセリ
21.大場

 

 

こんな人におすすめ

ドクターベジフル青汁を飲んでみることをオススメするのは、次のような人たちです。

慢性的な野菜不足の方
不規則な生活で、食生活に自信のない方
お通じの調子がよくなく、便秘気味の方
肌荒れなどが気になる方
毎日気分も体もスッキリしていない方
何よりめんどくさいのが嫌いな方

慢性的な野菜不足や、不規則な生活の人たちは多いです。分かっていても改善するのは大変です。ドクターベジフル青汁は改善の手助けをしてくれます。

お通じの調子がよくなく便秘気味になると、肌荒れなどの目に見える不調の原因です。なかなか改善するのは大変ですから、補助として手助けしてくれるドクターベジフル青汁はありです。

毎日スッキリしていないのは、1つのことが理由ではなく、いくつも小さな問題重なって起こるものです。いろいろな問題解決の手助けをするドクターベジフル青汁は、スッキリの手伝いもしますよ。

どんないいものであっても、めんどくさいことは続きません。ドクターベジフル青汁は水に溶かして飲むだけですので、かんたんに継続ができる。継続ができるから、効果も出やすいです。

 

青汁には美容効果&ダイエット効果もあり女性にもおすすめ

女性の方であれば、健康面だけでなく美容効果やダイエット目的で青汁を検討している方も多いと思います。

そもそも青汁に含まれる野菜には、ビタミンやミネラルを多く含むものが多いですが、その中でもビタミンCはお肌の調子を整える上では非常に重要な成分です。

タバコを吸っていて肌荒れが気になる人はビタミンC単体のサプリメントを摂取するぐらいですが、ビタミンCには美白効果も期待でき、肌荒れで悩んでいる女性には強烈な味方になります。

またビタミンやミネラルというのは新陳代謝を促進する効果もあり、それが肌質をよくしたり、ダイエット効果にもつながります。

その他にも野菜不足を解消することで、お通じをよくし、体内に溜まっている老廃物や毒素を綺麗さっぱりと体外に排出することもできます。

青汁を飲むことのメリットは、日々の健康不足を解消するだけでなく、女性としての美しさをキープするところにまで波及しているので、本当に一石二鳥な飲み物です。

 

不要の方

ドクターベジフル青汁をオススメする方がいる一方で、不要の方もいらっしゃいます。

毎日心も体もスッキリしている
野菜不足なんて信じられない
心配事なんて何もない
今の生活が幸せ過ぎる

現在が十分過ぎるぐらい快適に過ごしている方には、ドクターベジフル青汁は不要です。そのままのの毎日がいつまでも継続するといいです。

その他の方は1つ、2つはほとんどの方が悩みや、改善したいと思うことがあると思います。ドクターベジフル青汁は多くの老若男女の方にオススメができる、青汁となっています。

 

ドクターベジフル青汁

 

健康のため、病気に負けない体づくりのため、野菜不足は避けたいところです。

手間と時間を掛けても大丈夫な人は、野菜をたくさん使った自家製のスープやジュースに挑戦してもいいでしょう。

手軽に野菜を補うのは『ドクターベジフル青汁』です。

21種類もの国産野菜を簡単かつ安全に摂取できるというものなので、強くお勧めします。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ