二日酔い対策にSUPALIV(スパリブ)



お酒は私たちにとってとても身近なものですが、望んでもないのに同じく身近なのが「二日酔い」。

なるべく楽しんでお酒を飲みたいものの、おなじみの吐き気や頭痛をもたらす二日酔いだけは是が非でも避けたい、そう思う方が多いでしょう。

それをサポートするべく、多くの二日酔い対策のサプリが出回っており、何かしらのサプリは試したことがある方も、これまた多いでしょう。

数ある二日酔いサプリの中でも、ここ数年口コミなどで話題になっているのが「スパリブ」です。

 

SUPALIV(スパリブ)

 

スパリブ(SUPALIV)は、二日酔い・悪酔い対策に特化したサプリで、医学博士の犬飼春彦氏によって開発されました。

累計販売実績が200万個を超える大人気サプリで、今ではファミリーマートやサンクス、ドンキホーテなど多くの場所で販売されています。

スパリブの特徴は、他の二日酔い対策サプリとはアプローチが異なります。

よくあるウコンや肝臓水解物系のサプリが、肝臓のサポートに特化しているのに対し、スパリブでは体全体の代謝を良くしてアルコールの代謝を早めることに特化しています。

「細胞障害作用からの防御のための組成物」と「アルコール代謝を和らげる、およびアルコール誘発性疾患のリスクを減少させるための組成物」という特許を取得したビタミン総合サプリです。

これを飲むことをにらお夫妻の間では「ドーピング」と言っているぐらい、効き目がすごいのです。

有用成分は8つ。

コエンザイムQ10

ビタミンC

L‐グルタミン

L‐シスチン

フマル酸

コハク酸

ビタミンB2

ナイアシン

これらはすべてアルコールの代謝を促進させる働きがあります。

まず、コエンザイムQ10・ナイアシン・ビタミンB2・フマル酸・コハク酸・L-グルタミンが、アルコールとアルデヒドの代謝を促進します。

そして、ビタミンC・L-シスチン・グルタミンが、アセトアルデヒドの毒性を中和するとのことです。

スパリブの使用方法

決まっているのは以下の二つ。

①1日当たりの摂取目安量は1回3~4粒。

目安量は3~4錠ですが、再度服用可能です。飲んでいる最中に「飲み過ぎた!ヤバイ!」と感じたら追いスパリブすると効果ある気がします。最大で1日10粒まで。それ以上飲んでも効果は変わらないとされています。

②飲むタイミングはいつでもOK

お酒を飲む前、飲んでいる最中、飲んだ後、二日酔いになった次の日の朝など、いつ飲んでもOKです。

にらおはだいたい飲む1時間前に3錠。飲み終わってから3錠飲みます。

こんな方にオススメ

・二日酔いがつらい方

・痛飲や二日酔いが心配な方

・酔いを早く覚ましたい方

・お酒が弱い・苦手だけど、接待やお付き合いなどでどうしても飲まなくてはいけない方

スパリブで効果が期待される成分

スパリブに配合されている成分が他とは違います。

多種類のビタミンや栄養素が配合されているんですね。

スパリブの成分

現在はウコンや肝臓エキスのサプリが大多数を占めて、似たり寄ったりなサプリが多い中で、スパリブの成分は異なっています。

スパリブは、新発見ではなく、工夫です。

二日酔い対策用に従来使われていなかった成分を、開発された方々が効果を見出して複数配合して製品化したんですね。

スパリブの成分はいずれもヒトが生きていく上で大切な成分であり、もともと体内にある成分です。

スパリブの効果

お酒を飲んだときの頭痛や吐き気、二日酔いを防ぎたいですよね。

酔う原因はアルコール(エタノール)よりもアセトアルデヒド

アルコールは肝臓で代謝されます。

その代謝過程は段階的であり複数の酵素の働きによりアルコールを分解します。

その途中過程で発生するアセトアルデヒドがエタノール(お酒のアルコール成分)以上に毒性があるんですね。

アセトアルデヒドは毛細血管を拡張させるので酔うと顔や肌が赤くなります。

また、脳血管を拡張すれば頭痛や吐き気、二日酔いも起こります。

お酒が強い人はアセトアルデヒドの分解がスムーズなんです。

すなわち、このアルコール代謝を速やかにできれば頭痛や二日酔いを防げます。

飲み過ぎないことが一番理想ですが、未だに飲ませたがる人がいるのが現実です。飲みたくないのに飲まざるを得ない方の役に立てれば、今回ご紹介した意味があると思います。

 

SUPALIV(スパリブ)

 

スパリブの開発された当初の理由も、「ワインが好きだけど、体質的にすぐ酔ってしまう」というご婦人のために作られたという素敵な理由です。

お酒は楽しむもの。決して無理強いするものではありません。

みなさま、スパリブを飲んだからと言って、飲みすぎには注意してくださいね!



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ