アプリ作成で稼ぐ



「アプリ」というのはパソコンでいうソフトのようなもので、
スマートフォンやIphoneで簡単にソフトが
起動できるようになったものです。

 

アプリを作るためには、
学ぶべき知識とデザイン性が求められてきますが、
自由な発想から作ることができるので、
あなたにしかできないオリジナルものを
創造することができます。

 

今でも無数のアプリが存在していますが、
今後はさらに必要になっていきます。
なぜなら、簡単に素早く操作ができることが
求められているからです。

 

アプリが必要な理由

アプリが必要な理由は、
簡単に素早く操作ができるからです。
とくにパソコンやスマートフォンに馴染めない年配の人でも、
簡単に操作ができるようになるためにも、
アプリが必要になっていきます。

 

誰でも簡単に操作ができて、
誰でもインターネットにつながることができる環境が求められているので、
アプリ作成はこれからの時代には欠かせないスキルになっていきます。

 

とくに日本は少子高齢化と言われていますが、
インターネット関係は時代の最先端に行っているので、
ついていけない年配の人が多いので、
簡単に操作ができるアプリはこれからもっと
必要になっていきます。

 

アプリ作成をするための思考

アプリを作成するために必要な思考が「デザイン思考」です。
デザインというと、芸術家だけが必要な印象がありますが、
何か新しいことを創造するための思考でもあるので、
アプリ作成には欠かせない思考です。

 

アプリ作成をするにあたって、
ターゲットをしっかり決めておく必要があります。
子供向けであれば、ゲームのアプリが人気があるし、
大人の趣味の場合は、音楽や芸術、あるいは学び
のためのアプリが必要です。

 

そして、アプリのデザインも子供向けか、
大人向けかというデザインのセンスも
求められていきます。

 

というと難しい印象がありますが、
デザイン思考を身につけていけば、
自由な発想から楽しく創造することができるようにも
なっていきます。

 

アプリの種類

アプリはどんどん開発されているので、
効率化が進んではいるのですが、
日常の中から「不便」と感じることが、
開発のヒントになっていきます。

 

アプリの種類は、最も人気があるアプリが「ゲーム」になります。
その他には「仕事効率化」「辞書/辞典/その他」「フード/ドリンク」等の
アプリも人気があります。

 

簡単に言えば、
日常生活に必要なことや情報になっていきますが、
この既存のアプリの延長線上で開発をしていくのが好ましいです。

 

全ての分野に携わることはできないので、
今現在携わっている分野からアプリを開発していけば、
不便を便利にすることができるようになります。

 

今後、アプリ開発がさらに進化していきますので、
常に新しいことを生み出す創造性が、
これからの時代の大きな強みにもなっていきます。

 

アプリで稼ぐ仕組み

アプリで稼ぐための仕組みには、
大きく3つのパターンがあります。

 

「本体課金モデル」

アプリを作成にして、
そのアプリをダウンロードしてもらって
お金が貰うというパターンです。

 

一回ダウンロードをしてしまえば、
そのあとはずっと使えるので、
いつでもどこでも使えるので、アプリを買う方としては、
簡単にできるようになるので便利さは快適になります。

 

ただ、お金を払ってダウンロードをしないと、
そのアプリの便利さがわからないので、
有料にする場合は、金額以上のメリットがないと
クレームになる可能性もあります。

 

中には詐欺のようなアプリもありますので、
開発者の信頼度が高くないと、
簡単に販売することはできないデメリットもあります。

 

「無料ダウンロード + 広告収入モデル」

アプリ自体は無料でダウンロードができて、
アプリの中に貼ってある広告から収入を得るという
パターンになっていきます。

 

このモデルはアフィリエイトのようなもので、
広告にクイックされると広告会社から収入を
得ることができます。

 

まだ信頼度が高くない開発者の場合は、
このモデルが無難な方法になっていきます。
無料でのダウンロードになっていきますが、
ダウンロード数が増えていくことで、
広告収入の確率が上がっていきますので、
まだ信頼度が低い開発者にはおすすめの
モデルになっていきます。

 

すでにアフィリエイトで収入を得ている人には、
何となくピンとくるモデルです。

 

「無料ダウンロード + アプリ内課金モデル」

このモデルは、
アプリ自体は無料でダウンロードができるのですが、
そのアプリを使うためにアイテムを買うというパターンと、
利用者がアプリの設定画面の中で「広告を消す」という
オプションを使うことで、収入を得るというパターンです。

 

ただこのモデルは、開発の難易度が高いので、
仕組みをしっかり理解した上で取り組む必要があります。
その分、収入を得る確率が上がるので、
稼ぐことができるようにもなります。

 

アプリのおすすめランキング

アプリのダウンロードが多いのは、
「ゲーム」「QRコード」「カレンダー」
「家計簿」「翻訳」「手帳」になっていきます。

 

この延長線上に新しいアプリを開発していくことで、
アプリで稼ぐ可能性が広がっていきます。

 

まとめ

アプリ作成は、
知識とスキルとデザイン思考が必要になっていきますが、
とてもやりがいがあるビジネスでもあります。

 

「新しいことを創造したい」という願望が強い人に、
おすすめのビジネスになっていきます。

 

今は常に新しいことを開発していく時代であるので、
アプリ作成の技術は大きな強みにもなっていきます。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ