WEB作成で稼ぐ



今やホームページは当たり前で、
ブログは当たり前の時代なので、
WEB制作のスキルがあれば、
いつでもどこでも稼ぐことができます。

 

WEB制作のスキルというのは、
具体的な技術だけではなく、
特殊な思考が必要になっていきます。

 

それが「デザイン思考」になっていくのですが、
デザイン思考というのは
「これをこうすればいい」という、
答えがある単純な思考ではなく、
常に答えをつくり出す思考なので、
創造性が求められていきます。

 

WEB作成に必要な思考

WEB作成に必要な思考は新しいことを
生み出す「デザイン思考」です。
なぜなら、WEB作成は、他のホームページやブログと
真似をしてはいけないからです。

 

100個のホームページがあったら、
100通りのデザインになっていきます。

 

たとえば、絵画というのは、
どんなに作家が増えても、
同じ絵はないのです。

 

一人の作家でも、似たような絵になったとしても、
他の絵と全く同じ絵はないのです。

 

デザイン思考というのは、
いわば作家のような思考で、
自分の中から思考のアイデアを出して、
デザインをするということです。

 

この思考を身につけていくためには、
WEB作成のデザインの知識と、
実際に作って見ながら試行錯誤を
繰り返していけば、身についていきます。

 

ホームページやブログというのは、
見栄えが大きな影響を与えます。

 

見栄えが悪いと中身にが良くても、
見てもらえないので、デザインのセンスが
問われていきます。

 

WEB作成が必要な理由

今はほぼ無数なくらいのホームページやブログがあります。
ただホームページやブログの見栄えが良くなかったり、
センスがなかったりして、
非常に見にくいサイトが多いのです。

 

企業によっては、
ホームページから商品やサービスを提供していくのですが、
サイトが悪いがゆえに購買につながらない場合もあります。

 

ホームページはいわば、
会社の看板であり、会社の玄関と同じです。
その看板や玄関がごちゃごちゃしていて、
お客さんが信用するでしょうか?

 

なので、WEB作成をする人は、
サイトの看板や玄関をデザインして
建築するような人なのです。

 

会社の第一印象は、
ホームページやブログで決まると言っても
過言ではありません。
無数のホームページやブログが存在しているからこそ、
他のサイトと差別化をするためにも、
WEB作成ができる人が求められています。

 

WEB作成で稼ぐのに必要なスキル

WEB作成で稼ぐためには、
「デザイン能力」「プログラミング能力」が
必要です。
家で例えると、設計する人と
実際につくる人ということになります。

 

この両方のスキルを身につけることができれば、
プロとしてのWEB作成ができるようになります。
ただ「WEB作成のソフトが使える」ということだけでは、
プロとしての仕事を任せてもらえない現実でもあります。

 

そしてデザイン能力と プログラミング能力は、
全く違うスキルのであるので、
それぞれで学ぶ必要があります。

 

デザインを学ぶ方法は、できる限り多くのサイトを見ながら、
サイトの見栄えや使いやすさを意識してみるのです。
「このサイトはいい」「このサイトはダメ」ということを、
直感でいいので、意識してみてください。

 

そして、見栄えのよいサイトをモデルにしながら、
デザインのバランスや、色の使い方等を学んでいくのです。

 

デザインというのは、ほぼ直感で良いか悪いかは決まります。
最初のページの第一印象でほぼ決まっていくので、
なるべく良いサイトに触れながら、
デザインを学んでみてください。

 

プログラミングを学ぶ方法は、
フリーの作成ソフトが使っているHTMLソースを見ながら
勉強ができます。

 

あるいは、実際のホームページから
HTMLソースを見ながらも勉強ができるし、
ネット上には解説サイトもありますので、
お金をかけずに学ぶことができます。

 

ただ、学ぶときに、
「どのようにできているのか?」ということに
関心を持ちながらHTMLソースをみてください。

 

その関心度によって、
多くの知識を吸収することができます。

WEB作成はしっかりとした打ち合わせをしてから取り掛かる

WEB作成は目的によっても、
作り方が変わってくるので、
クライアントとの打ち合わせはよく行ってください。

 

細かいところまで打ち合わせをしながら、
どのような目的で、どのようなゴールにしたいのかを
打ち合わせして、入り口とゴールの設定を明確にしてください。

 

中には「ただ、ホームページをつくってください」という
クライアントもいますが、作る前にしっかりと決めておかないと、
あとからの調整が大変になっていきますので、
クライアントが納得するまでの打ち合わせは、
怠ってはいけません。

 

ただ任せるだけのクライアントの依頼は、
避けた方がいいのです。

 

WEB作成のおすすめサイト

WEB作成のおすすめサイトは
「クラウドワークス」「ランサーズ」になります。

 

とくにどのようにクライアントを、
獲得していいのかがわからない人は、
この2つのサイトから始めてみてください。

 

受注金額は様々ですが、
最初は金額が安いクライアントから始めて、
経験を積みながら高額に挑戦していくのもいいと思います。

 

まとめ

実際にWEB作成ができる人というのは少ないのです。
クライアントが多くて、できる人が少ないので、
仕事はいくらでもあります。

 

WEB作成は高度なスキルが必要なので、
実際にできる人が少ないのです。
そしてこれからの時代にも必要なスキルであるので、
一生使えるスキルにもなっていきます。

 

一度スキルを身につけてしまえば、
クライアントの獲得の心配は必要がない
ビジネスになっていきます。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ