ブックメーカーで稼ぐ



ブックメーカーとは、
主にスポーツの勝敗を賭けて、稼ぐ方法です。
合法的に行われているのが、競馬や競輪になっていきますが、
その他のスポーツの勝敗を賭けることは、
日本では違法になっています。

 

ただ海外では違法ではないのと、
インターネットでの賭け事になっていくので、
今のところは「グレー」になっています。
インターネットでの賭け事なので、
実際問題として取り締まることは、
不可能に近いのが現状です。

 

ただ法律は、いつどのように変わるのかがわからないので、
いつも法的なリスクがあるということは理解して、
取り組むようにしてください。

 

ブックメーカーで稼ぐ準備と段取り

ブックメーカーで稼ぐための準備は、

「Neteller口座開設」
「ブックメーカーアカウント」

が必要です。

 

「Neteller口座開設」は、
入金と出金の時に必要になっていきます。
入出金の方法は主に「銀行送金」「クレジットカード」「電子決済システム」の
3つの方法があります。

 

ただ、クレジットカードは日本からだとエラー生じやすいし、
銀行送金は手数料が高いのと入金までの時間がかかってしまいます。

 

「電子決済システム」が最もおすすめの方法になっていきますので、
「Neteller口座開設」で準備をしてください。

 

「ブックメーカーアカウント」はサイトが無数にあるので、
どのサイトに登録したらいいのかがわからないが多いのです。

 

ブックメーカーの初心者におすすめなのが「WilliamHILL」です。
このWilliamHILLはイギリスのブックメーカーです。
日本、世界で最も多くの人が利用しているサイトです。
まさにブックメーカーの大手になっています。

 

イギリスのサイトですが、日本語にも対応していますので、
英語ができなくても簡単に利用するこができます。

 

ブックメーカーの仕組み

ブックメーカーの仕組みは、競馬や競輪のように、
胴元側だけが儲けるというような仕組みにはなっていません。
常に勝敗が50%であるので、多くの参加者が勝ち続けた場合、
胴元側はそれだけ損をするようになります。

 

そういう面では、
胴元側と参加者はほぼ同等な立場でもあるのです。
どのように賭けるかは、参加者次第なので、
勝敗の賭けが偏った場合、胴元側が大損をする可能性もあります。

 

ブックメーカーの種類

ブックメーカーは主にスポーツの勝敗を賭けていきますが、
その他にも「政治」や「天気」も賭けることができます。

 

スポーツは「野球」「サッカー」「テニス」「ラグビー」等の
人気があるスポーツは賭けることができます。
日本のプロ野球も賭けることができるのです。

 

政治の場合は、政治家のスピーチで
何を話すのかを賭けることができるのです。

 

天気は「明日の天気」を賭けるということです。

 

ブックメーカーのメリットとデメリット

ブックメーカーのメリットは、
ギャンブルとしては「勝率」が高いということです。
他の競馬や競輪と同じような、勝率があるので、
当然ですが当たれば大きく稼げる可能性があります。

 

スポーツが好きな人は、スポーツ観戦をしながら、
賭け事も同時にできるというメリットもあります。

 

ブックメーカーのデメリットは、
「口座が凍結される可能性がある」です。
ブックメーカーを投資と見るか、ギャンブルと見るかは、
人によって違うのですが、投資と見ない場合は、違法になる可能性があり、
口座が凍結される可能性も十分にあり得ることなのです。

そして、日本国内では今のところは「グレー」になっていますが、
長い目で見た場合、いつまでも曖昧にしておかない可能性もあります。

 

法律というのは、ある日突然変わります。
昨日までグレーであっても、ある日突然変わった場合、
違法になることも十分にあり得ます。

 

ブックメーカーは一時的に、
遊び程度で取り組む方が無難です。
法的なリスクをあるということは知っておいた方がいいのです。

 

ブックメーカーで稼ぐコツ

ブックメーカーでスポーツの勝敗をかける場合、
確率は50%なのですが、確率を上げていくためのコツは、
日記等で形を残していくことです。

 

そして、競馬や競輪と同じように、
よく研究することです。
隅から隅まで見えるくらいの研究熱心さが必要です。

 

ブックメーカーはインターネットでのギャンブルになっていくので、
勝敗は時の運になっていきますが、数をこなしていくことで、
稼ぐコツも見えてくるようになります。

 

ブックメーカーの初心者におすすめなのが「テニス」です。
ただテニスのルールをしっかりと把握した上で取り組むようにしてください。
勝敗の確率を上げやすいのと、個人プレーであるので、
シンプルに判断ができます。
テニスがおすすめのブックメーカーになります。

まとめ

ブックメーカーは、非常にシンプルな仕組みになっているので、
誰でも簡単に取り組むことができます。
投資と捉えるか、ギャンブルと捉えるかは、賛否両論でいいのですが、
どちらにしても常にリスクとリターンがあることを
覚えておいてください。

 

そして、合法か、違法かも今のところは曖昧になっていますが、
常に新しい情報の中で取り組むようにしてください。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ