時代の波に乗れば、副業でも稼げます。



方法論というのは、時代の変化とともに破綻していきます。環境が変わっていくことで、過去に通用していた方法が全く役に立たなくなるのです。ネットビジネスでも以前は、パソコンだけでインターネットにつながっていましたが、スマートフォンが普及されることで一気にインターネットに触れる人が増えたので、環境が大きく変わったのです。

 

 

そして、今は情報革命時代になっています。情報革命によって、多くの人が価値がある情報に触れることで、情報に対する見方が厳しくなっているのです。以前は情報に対しての見方がそれほど厳しくはなかったので、ちょっとした情報商材でも簡単に売れたので、簡単に稼げたのです。

 

その稼げた時代の方法は、今の時代には通用しなくなっています。方法論は常に生み出されてはいますが、常に崩壊しているのです。崩壊した方法論でどんなに頑張っても稼げるようにはならないのです。過去の古き良き時代は、とっくに過ぎ去ったことに気づかないと、稼ぐことはできないのです。

 

時代が常に変化していることに気づく

時代は常に変化しています。とくにインターネットの世界は変化が早いので、一つの方法が通用するのは一時的でもあるのです。時代が変わり、環境が変わることはコントロールすることはできないので、方法論だけを追い求めてしまうと、振り回されるだけ振り回されて、行動している割には稼げないようなことが生じてしまうのです。

 

時代が変化しているといっても、時代にぴったり合わせることはできません。今の時代に何が求められているのかを、明確に定義できる人はいないのです。実際のところは、商品やサービスを出してみないとわからないのです。何がヒットするのかを明確に予測できないのが、今の時代の特徴でもあるのです。

 

時代が常に変化していることに気づいている人は、先を読んで、先を見込んで準備をして
います。「あと数年でこのような時代が来る」ということを見込んで、先駆けて準備をしているのです。変化していく時代に気づくことができれば、先に準備をしていく戦略を立てることができるようになります。

 

稼ぐための本質をシンプルにする

稼ぐための本質というのは、非常にシンプルなのです。商品やサービスを欲しがっている人に提供して、その代価としてお金を受け取るということだけなのです。商品やサービスというのは、機能がどうであるか、成分がどうであるかではなく、購入してどのような現象を得ることができるかだけなので、お客さん目線で商売をしていけば、稼ぐことができるのです。

 

商売は買ってくれる人がいて初めて成り立つのです。どんなに自分の商品に惚れ込んでも、買ってくれる人が一人もいなければ、商売にはならないのです。稼ぐためには価値を提供するというのが、基本中の基本になっていきます。価値というのは人それぞれで違うのですが、欲しい人を集めて、商品やサービスを提供することで稼ぐことができるのです。

 

どんなに時代が進んでも、変化しても商売の基本は同じであり、本質も同じなのです。方法論を追い求める人は、基本と本質が見えていないので振り回されてしまうのです。商売の基本と本質は非常にシンプルなので、シンプルに行動することができれば、稼ぎ続けることができるようになります。

 

稼げる自分になる

稼ぎ続けるためには、「稼げる自分になる」ということです。いくら時代が変化しても稼ぎ続けることはできるのです。なぜなら、どんなに時代が変化しても、人の購買は無くならないからです。

 

稼ぐというのは方法論ではなく、スキルなのです。稼げるスキルを身につければ、どんなに時代が変化しても基本と本質を基準にして稼ぎ続けることができるのです。具体的なスキルとしては、マーケティングスキルなのですが、簡単に言えば「営業努力」ということです。

 

いつの時代でも営業ができる人が稼いでいるのです。それはネットビジネスでも同じで、営業ができる人が稼ぎ続けているということなのです。営業のスキルを身につけるためには、知識と経験を積み重ねていけば身につけることができます。

 

時代にあった営業スキルがあれば、時代が変化しても稼ぎ続けることができるのです。

 

過去の方法論に依存すると稼げなくなる

過去の方法論に依存していると稼げなくなります。一つの方法で一生稼ぎ続けるというのは無理なのです。方法論は時代の変化とともに変化するのが当たり前なのです。一つの方法論で稼ぎ続けられれば、楽に稼げるのですが、時代が変化したら、方法を変え、戦略を変えていかないと稼げなくなります。

 

基本と本質は変わらないのですが、方法論は常に変わっていきます。方法を変えることには柔軟になっていかないと、稼げない方法論に依存をしてしまうので、どんなに頑張っても稼げなくなってしまいます。

 

まとめ

方法論は常に新しく生み出されながら、過去の方法論が破綻していくのです。過去に高額で購入した方法論でも今の時代に通用しなくなるので、過去の方法論を捨てていかないと稼ぐことができなくなります。

 

方法論に対しては柔軟になっていきながら、稼ぐための基本と本質からずれないようにする努力が必要なのです。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ